エンタメ

とろサーモン久保田、暴言騒動後の攻撃的なラップ「権力に逆らえない自分の生き方を変える勇気がないのか」背景にお笑い業界への不満か

【この記事のキーワード】
【完成】とろサーモン久保田、暴言騒動後の攻撃的なラップ「権力に逆らえない自分の生き方を変える勇気がないのか」背景にお笑い業界への不満かの画像1

AbemaTV公式サイトより

 今月2日に決勝戦が行われた『M-1グランプリ2018』後の芸人同士の飲み会で撮られた動画が炎上し続けている。スーパーマラドーナの武智がインスタライブで公開したその動画では、とろサーモンの久保田が、関西の女帝こと上沼恵美子のM-1審査を批判。武智にいたっては「更年期障害かよ」「オバハン」と暴言を吐いていた。

 両者とも動画で上沼恵美子を名指しはしていなかったが、とろサーモン久保田は、「酔ってるから言いますけど、そろそろもう(審査員を)やめて下さい」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だよ、一番お前だよ。わかんだろ、右側のな」といった発言をしている。

 スーパーマラドーナの武智は、「言うた! 右のオバハンや。いや右のオバハンにはみんなうんざりですよ」「“嫌いです”とかって言われたら、更年期障害かって思いますよね」と吐き捨てた。

 その後、久保田はツイッターで謝罪しており、動画で批判を向けた対象が上沼恵美子だったことを認めている。関西の女帝を敵に回してはならないという、吉本興業上層部の迅速な判断がそこにはあっただろう。

 しかし、渦中の久保田に反省の色は見られない。5日放送のAbemaTV『NEWS RAPJAPAN』で披露したラップが、再び物議を醸している。

1 2 3

wezzy編集部

wezzy編集部

twitter:@wezzy_com

サイト:https://wezz-y.com/

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。