健康

スーパーマラドーナ武智、上沼恵美子への「更年期オバハン」侮辱から見える「更年期障害」および「中年女性」への偏見

【この記事のキーワード】

『上沼恵美子 コンサート愛唱歌撰』

 今月2日の『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)生放送後、芸人同士の打ち上げ飲み会が開かれ、スーパーマラドーナの武智がインスタライブで公開した動画が炎上を続けている。とろサーモンの久保田が、審査員だった上沼恵美子を痛烈に批判し、一方の武智は「更年期障害かよ」「オバハン」などと暴言を吐き捨てた。

 久保田は上沼恵美子の名前こそ出さなかったがその審査方法に納得がいかないことを吐露。すると武智は、「言うた! 右のオバハンや。いや右のオバハンにはみんなうんざりですよ」と相槌を打ち、「“嫌いです”とかって言われたら、更年期障害かって思いますよね」と発言した。

 よりにもよって、そんな動画をインスタライブで流さなくても……という話だが、この動画における武智の暴言からは「更年期障害」および「中年女性」への偏見がダダ漏れになっている。

 まず上沼恵美子は63歳。更年期は一般的に、40代~50歳前後の女性に訪れる。何の症状もなく閉経を迎える人もいるが、40代にさしかかったあたりから頭痛や不眠に悩まされ、原因不明のまま複数の医療機関を受診し苦しむ女性も少なくない。およそ10年にもわたり体の不調が続けば、気持ちも落ち込む。そのつらさが「わけもなくイライラして周囲に当り散らす」といったイメージにつながっているのだろうが、そうしたイメージこそが二重に当事者を苦しめる。

 ホルモン補充療法など症状をやわらげる治療方法もあるが、まだ広く浸透しているとは言えないのが現状だ。また、初潮の時期に個人差があり、10歳で初潮を迎える女子もいれば15歳で初めて生理が来た女子もいるように、閉経の時期もまた個人差がある。48歳で閉経する人もいれば、52歳、55歳、そして60歳前後……一概に「何歳で閉経するもの」とは言い切れない。

 であるからして、63歳の上沼恵美子が更年期かどうかは部外者にはわからない。ただ、わかる必要もないプライベートな事柄である。問題は、「更年期障害か」という言葉を、他者を貶める侮辱のためのフレーズとして武智が使用したことだ。

 上沼恵美子は業界の重鎮であり、特に関西のテレビ、お笑い界において相当な権力を持つことは事実だろう。「だから楯突くな」という話ではない。目上の権力者は批判にさらされるものであり、だからこそその振る舞いには充分気をつけなければいけない。けれど一方で、権力を持つ支配層の人間に対しては、どのような侮辱も許されるということは決してないのだ。

 中年~高齢の女性を「オバハン」「ババア」等と侮辱し、そのうえ「更年期か」と揶揄する。そうした醜悪な態度は、たとえその対象に向けて訴えたいことや批判的な意見があるとしても、それを無効にしてしまう。意見があるのならば侮辱ではなく「意見」をきちんと述べてほしい。

更年期で心も体もどん底に落ちた時、救ってくれたのは夫だった(あずささん・43歳)

 あずささんは43歳、7歳の双子のお嬢さんのママで、同じ歳のご主人と4人暮らしだ。輸入品を扱う企業で長く働いていたが、出産前に退職し専業主婦とな…

更年期
ウェジー 2018.07.29

ヒポポ照子

東京都在住、兼業ライター。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。