エンタメ

ジャッキー・チェン最新作は、真っ赤な“偽物”!? 香港でも大すべり『ポリス・ストーリー/REBORN』の知られざる舞台裏

【この記事のキーワード】
ジャッキー・チェン最新作は、真っ赤な偽物!? 香港でも大すべり『ポリス・ストーリー/REBORN』の知られざる舞台裏の画像1

映画『ポリス・ストーリー REBORN』公式サイトより

 ジャッキー・チェンの最新作『ポリス・ストーリー/REBORN』が、2018年11月末より公開中だ。『ポリス・ストーリー』といえば、ジャッキー監督・主演作品として1985年に日本でも公開された『ポリス・ストーリー/香港国際警察』から始まった超人気シリーズ。第1作は日本で興行収入19億円もの大ヒットを記録し、当時のジャッキー人気を決定づけた作品だ。最新作『ポリス・ストーリー/REBORN』では「ポリス・ストーリーユニバース 10本記念作品」とうたい上げ、予告編では過去の『ポリス・ストーリー』シリーズの名場面をちりばめているが……実はこれ、正当な後継作品ではないのだという。某映画宣伝会社の関係者は語る。

「日本におけるわかりやすい宣伝として『ポリス・ストーリーユニバース 10本記念作品』とうたっているだけで、実は『ポリス・ストーリー/香港国際警察』から始まる人気シリーズとはまったく関係ないんです。この“最新作”、ジャッキーが刑事を演じているだけで、実際は近未来のSFアクションもの。そもそも本家の『ポリス・ストーリー』自体は6本しかなく、今回の最新作を入れて残りの4本は、『ポリス・ストーリー』人気に便乗しただけの“刑事もの”。昨今、『アイアンマン』や『アベンジャーズ』など全世界で大ヒットした一連のシリーズを『マーベル・シネマティック・ユニバース』と称しますが、『ポリス・ストーリーユニバース』というネーミングは、これを完全にパクっているのは明らか。しかしこのネーミングは単に誤解を招いているだけでなく、ジャッキーファンからもかなり冷笑されてるそうです」

ジャッキー・チェン最新作は、真っ赤な偽物!? 香港でも大すべり『ポリス・ストーリー/REBORN』の知られざる舞台裏の画像2

ポリスストーリーシリーズの記念すべき第1作、『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(写真は『ポリス・ストーリー/香港国際警察 デジタル・リマスター版』DVDのジャケット)

ジャッキー作品としては珍しく、なかなかの“コケっぷり”

 とはいえ、香港映画界ではいまだに“不動の大スター”であるジャッキー・チェン。人気シリーズの偽物としてではなく、純粋にジャッキー映画の最新作として公開されたという香港では、どのような反響だったのか? かの地の映画業界に精通する某配給会社の関係者はこう語る。

「香港では、初日こそランキング1位を獲得したものの、すぐに別の作品に抜かれてしまい、ジャッキー作品としては珍しいほど、なかなかのコケっぷりでした。そもそも今作は、ジャッキーのSFアクションなどではなく、愛娘との関係を描いた物語。これも、昨今のジャッキー作品では何度も繰り返されてきたもので、その結果クチコミがよくなかったため、惨憺たる結果を招いたのではないか、ともいわれてますね。

 また、かつてのジャッキーは、スタントマンを入れずに自ら危険なシーンを演じることで人気を博してましたが、64歳となった最近ではしっかりスタントマンを使ってます。日本でも『ミッション:インポッシブル』シリーズは大人気ですが、ある意味今のジャッキーは、トム・クルーズと同じような立ち位置にいるんですよ。しかし、映画自体はハリウッド映画のほうがお金もかかっているし、ストーリーも面白い。『ポリス・ストーリー/REBORN』は近未来テイストを盛り込んで違いを見せようとしていましたが、結果、ハリウッド映画との格の違いを見せつけられ、“痛々しさ”を感じさせる仕上がりだったことは否めませんね」

ドルチェ&ガッバーナは、なぜ1日で中国市場を失ったか? その背景にある、中国ネットメディアの巨大なる影響力

 11月、イタリアのファッションブランド「ドルチェ&ガッバーナ(以下、D&G)」が、中国の上海で行われるショーに先んじて公開した動画やその後に公…

ウェジー 2018.12.09

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。