蒼井そらが妊娠報告でAV女優への差別を吐露。みひろ、麻美ゆま、紗倉まなもAV女優のスティグマを証言した過去が…

【この記事のキーワード】

<「AV出演=人生崩壊」というイメージを払拭できたら。偏見という厚い鉄製の壁を壊す作業を、今はアイスピックくらいの小さい工具でほじくっているような気持ちです。ちょこちょこといじるのが私の楽しみであり、仕事のやりがいでもあります。「もしかしたら、何かの拍子にツンとつついたら壊れるかもしれない」と希望を抱けるのも、ある意味で“グレーな領域の仕事”だからこその醍醐味なのかもしれません>

 「AV女優」という職業を選択したからといって、それは恥ずべきことでもなんでもない。ましてや、他人から差別されたり、不躾な扱いを受けるのはおかしなことだ。

 そういった状況は許容されるべきではないし、また、AV女優だけに限らず、どんな職業に就いていてもスティグマを抱えることのない多様性のある社会に変わっていくべきだ。

 蒼井は12月13日のブログで、妊娠報告のブログを読んだ人々から励ましの言葉を受けたことに感謝を示しながら、<人より試練だろうなとは思うし強く生きて欲しい、しか今は言えないな。もちろん丸投げしてるわけでは無いです。お母さんの子どもで良かった。って言われることを目標に頑張りたいです>と宣言している。

 お腹のなかの子どもが大きくなるころには、どんな生活や仕事をしていようがお互いを尊重する多様性を大事にした社会になっていてほしいし、私たちはそういった社会をつくる努力をしなければならないだろう。

(倉野尾 実)

1 2 3

「蒼井そらが妊娠報告でAV女優への差別を吐露。みひろ、麻美ゆま、紗倉まなもAV女優のスティグマを証言した過去が…」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。