ライフ

30代以下の専業主婦が「働いていない罪悪感」強く感じる傾向 一億総活躍社会への異論

【この記事のキーワード】
30代以下の専業主婦が「働いていない罪悪感」強く感じる傾向 一億総活躍社会への異論の画像1

Thinkstock/Photo by kazoka30

 専業主婦・主夫経験者が「罪悪感を覚えたことがある」との調査結果を、12月13日の『スッキリ!』(日本テレビ系)が伝えた。

 これは株式会社ビースタイルが11月に発表した、主婦向け人材サービス『しゅふJOBパート』で「専業主婦への罪悪感」に関するアンケート調査の結果だ。

 アンケートは今年5月23日~6月4日、ビースタイル登録者/求人媒体『しゅふJOBパート』登録者を対象に、無記名式のインターネットリサーチで実施され、有効回答者数は専業主婦・主夫経験者の815名。同社は今年8月にも同様の調査結果を発表しており、その際にはwezzyでも記事にまとめた。

専業主婦・主夫であることの罪悪感、「稼いでいないから」

 「専業主婦・主夫であることに、後ろめたさや罪悪感のようなものを覚えたことがありますか?」の質問には、「ある」25.4%、「少しはある」31.2%、「ない」41.7%、「その他」1.7%の結果が出ており、56.6%の人が少なからず後ろめたさや罪悪感を覚えた経験があるということになる。

 そしてこの結果を、子どもがいる・いない別、年齢別に集計したところ、罪悪感を覚える人の割合は、子どもの有無や世代によって変わってくることが判明したという。子どもがいない人で「ある」「少しはある」と答えた割合は69.6%と7割近くになっており、子どものいない専業主婦・主夫がより罪悪感を覚えやすい傾向にある。

 子どもがいる・いない別で回答者のフリーコメントを見ていくと、まず、子どものいない専業主婦・主夫には、<子どももおらず、自由に時間を使っているが、この時間に何か少しでも収入があれば、もっと金銭面で余裕が出てくるのではないかと考えるため>(20代・罪悪感を覚えたことあり)、<何の存在意義もないと感じてしまう>(50代・罪悪感を覚えたことあり)などとあり、子育てに時間を割かれない分、働いていないことや収入がないことを後ろめたく感じてしまうようだ。一億総活躍社会が謳われ、人手不足が叫ばれる昨今、なおさらかもしれない。

 一方で、「子どもが小さいうちは傍にいてあげるべき」という価値観が残る日本では、子どものいる専業主婦・主夫は受容されている印象があるが、子どものいる専業主婦・主夫であっても、<あとで聞いた話ですが、働くお母さんで集まった時に健康なのに働かないなんてと言われていたようです>(40代・罪悪感覚えたことあり)という人もいれば、<逆に何が後ろめたいかがわからない。子育てに専念して何が悪いのでしょうか?保育園に入れて働く方が、皆の税金を使ってるので、後ろめたい気になるかもと思う>(40代・罪悪感覚えたことなし)という人もいる。

 また、年代別に集計したところ、30代以下では罪悪感などを覚えた経験を持つ人が70.1%なのに対して、40代は60.7%、50代以上は45.7%と、若い世代であるほど罪悪感を覚えやすい傾向がある。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。