エンタメ

梅宮辰夫の激ヤセで沸騰した「引退説」記事に梅宮アンナが激怒「ネットで中傷誹謗を書いてる人と変わらない」

【この記事のキーワード】

梅宮アンナInstagramより

 梅宮辰夫(80)が12月13日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演したが、ネットではその激痩せぶりが大いに話題になっていた。梅宮本人は「芸能界引退」をきっぱり否定したにもかかわらず、「これじゃ引退だろう」と喧しい状況だ。そのことについて書かかれたネットニュースに、娘である梅宮アンナ(46)が激怒している。

 梅宮辰夫は2016年に十二指腸がんを患って手術したことを公表しており、今年春には38年間暮らした東京都内の自宅マンションを売却し、真鶴の別荘に拠点を移している。

 梅宮辰夫の自宅売却をもって「芸能界引退」と報じるメディアもあった。「週刊ポスト」10月12・19日号(小学館)が、“引退の決意”と見出しに打ち、所属事務所の「仕事や引退については本人が決めることですが、この年になって、無理してテレビに出演する必要もないでしょう。いまは夫婦で静かに暮らしています」というコメントを掲載。

 その後「週刊女性」11月13日号(主婦と生活社)は、梅宮本人に「芸能界には復帰せずに、ここ(真鶴)でずっと暮らす?」と尋ね、梅宮から「たぶんそうなるでしょう」との言葉を引き出していた。しかし所属事務所は、「たしかに梅宮は、今の芸能界に不満を持っていますが、それは以前から言っている口グセみたいなもの。引退と報道されて困っています。事務所は、ひと言も引退とは申していません。実際、年末のバラエティー番組の出演も決まっており、本人はヤル気になっています」と、引退を否定していた。

 そして前述のように梅宮辰夫本人も、『ダウンタウンDX』では「引退なんて言ってないよ」と公式に芸能界引退を否定している。

 しかしこれらの引退報道と、『ダウンタウンDX』出演時の梅宮辰夫の痩せぶりをクロスさせ、日刊ゲンダイチャンネルが<46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内>との記事をリリースした。これに、梅宮アンナはInstagramにおいて長文で反論、批判をしたのだ。

 その記事では、『ダウンタウンDX』での梅宮辰夫が痩せすぎていて心配だという視聴者の声を紹介し、「もう80歳ですし、真鶴で好きなことをして隠居生活を送りたいのでしょうが、引退を明言できないのは、やはりひとり娘である梅宮アンナさんのことが心配だからではないでしょうか」と芸能リポーターの見解を紹介。

 記事では梅宮アンナの仕事が順調ではなく、「現在は所属事務所を次々と替えて迷走気味」であり、娘の子育ては「梅宮(辰夫)と母のクラウディアさんに任せっきりだった」として、芸能ジャーナリスト・浅見麟氏のコメントが続く。

<親バカの梅宮は、ひとり娘のアンナは46歳になっても可愛くて仕方がない。1998年に羽賀が沖縄にレストランをオープンさせる時、アンナと共に梅宮さんも駆けつけた。ところが、オープン前日に羽賀から未払い金が4000万円あり支払わないとオープンできないと泣きつかれた梅宮は“娘のため”と、借用書にサインした。アンナも羽賀の借金の保証人になっており、破局後も毎月100万円ほど返済していたそうです。彼女が芸能界で再ブレークするためにも、自分が後ろ盾として芸能界に残らねばという気持ちが強いんだと思いますよ>

 さて、梅宮アンナはこのネットニュースのスクリーンショットをインスタに投稿し、<この記事、、何やら、ネットでの、誹謗中傷コーナーに近いモノを感じましてね。><向こうは私を勝手に知っているつもりみたいだけど。。。 何故この様な表現しかできないのかな。。。 わざと、傷つかせて、楽しんでいる感じかな。これでは、ネットで中傷誹謗を書いてる人と変わらない。>と、憤りを示した。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。