NEWS小山慶一郎が番組降板も、反省の色はナシ? 自己評価が高すぎて炎上

【この記事のキーワード】

 12月15日に発売された雑誌「QLAP!」2019年1月号(音楽と人)における「NEWS通信簿」というコーナーで、メンバーたちが2018年を振り返り「◎/○/△/×」で自己評価をつけているのだが、小山は「仕事△/自分磨き○/交友関係◎/アイドル力○/グループ愛◎」とつけていた。

 仕事こそ「ソロの仕事はたくさんの方にご迷惑をおかけしてしまって、自分と向き合いました。今は一歩一歩進むしかないと思っています」と反省の意を示しているが、グループでの活動には何ら影響がなかったと捉えているのだろう。

 さらに「プライベートの友達とは充実した時間を過ごせたよ」とのコメントがあり、プライベートの時間に開いた飲み会の音声流出により大事に発展したとの認識が薄そうだ。

 件の飲み会の開催時期は数年前ではなく昨冬〜今年にかけての時期であるとされており、まさに小山のプライベートの交友関係が浮き彫りになった事件。小山のコールは、

「××(女性名)がっ、飲んでないっ、××がっ、飲んでないっ! さんさんっ、にーにー、いちいちせーのっ! コヤマもっ あっそーれ、コヤマもっ」
「●●(女性名)ターゲット、●●ターゲット、飲み干せっ! はいっ、はいっ、はいっ、はいっ」

といった内容だった。

 ジャニーズ事務所の意向を汲み取る週刊誌と言われる「女性セブン」(小学館)は、「確かに飲み会には未成年の女性がいたが、年齢を偽っていた。ガールズバーで働き芸能人に近づこうとするような女だ」との記事を即座に掲載誌火消しを図った。だが、たとえ相手が未成年でなくとも一気飲みを煽ることは危険である。

 もちろん日テレもそうした理由を鑑みて、活動自粛を経て正式な降板を決定したのだろう。それにしても発表が遅い。年末までジャニーズ事務所との調整にかかったのだろうか。

 小山は「週刊文春」(文藝春秋)の「嫌いなジャニーズランキング」で年間通して2位を獲得。次にまた酒や女性絡みの不祥事が出ればさすがにNEWS解散も免れないだろう。仕事への取り組み方はともかくとして、小山の場合はプライベートの交友関係こそを見直した方が良いのではないか。

1 2

「NEWS小山慶一郎が番組降板も、反省の色はナシ? 自己評価が高すぎて炎上」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。