エンタメ

木村拓哉とTOKIOが電撃和解で『鉄腕DASH!!』に? NGだった嵐、TOKIOとの共演に見る木村の使命とは

【この記事のキーワード】
【完成】木村拓哉とTOKIOが電撃和解? NGだった嵐、TOKIOとの共演に見る木村の使命とはの画像1

「ぴあ Movie Special 2019 Winter」(ぴあMOOK)

 今月13日、木村拓哉が“主演”を務めたリーガルサスペンスアクションゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」がセガゲームスより発売された。2018年は木村にとって、嵐との共演など“異例づくし”の一年となった。年の瀬を迎え、今度は複数のロケ目撃者の情報から『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に木村が初出演するようだという噂がツイッター上で拡散しつつある。

 ツイッターでの目撃情報をまとめると、今月17日、千葉県香取市内で、木村とTOKIOの長瀬智也・国分太一の3人が『ザ!鉄腕!DASH!!』の企画「0円食堂」のロケを行っていたという。

 『ザ!鉄腕!DASH!!』は山口達也の脱退以降、視聴率が下降。日曜日のゴールデン帯で15~20%の数字を安定獲得していた同番組だが、今月2日の放送では12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)まで下がった。

 それでもまだ打ち切り水準というわけではない。ここで大物タレント木村拓哉を投入し、話題をさらおうということだろうか。

 いや、もし木村の『ザ!鉄腕!DASH!!』出演情報が事実だとしても、それは主演映画の宣伝で同番組に出演するということだろう。来年1月18日から、木村の主演映画『マスカレード・ホテル』が公開となる。年始には多くのテレビバラエティで、年末に収録した木村の姿を見ることになるはずだ。

 とはいえSMAP解散前であれば、木村がTOKIOの番組でともに汗を流すことは考えられなかっただろう。SMAPとTOKIOの共演NGは長らく業界内ルールとして囁かれてきた。「週刊文春」(文藝春秋)がメリー喜多川氏を激怒させ、ジャニーズ事務所内の“派閥”、すなわち飯島三智チーフマネージャー(当時)の管轄(SMAP)と、メリー氏および藤島ジュリー景子氏の管轄(TOKIOや嵐)が分離していることを明らかにしたことがSMAP解散の遠因と見られるが、所属する“派閥”が違うグループの歌番組以外での共演は稀だったのだ。

映画『検察側の罪人』では、タブーとされてきた嵐・二宮和也と

 その“派閥”は、飯島氏の退社とSMAP解散および香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛の独立で解消された。ジャニーズ事務所に残った木村拓哉は、これまでNGとされてきた面々と垣根なく共演するようになっている。

 今年8月に公開された映画『検察側の罪人』に主演した木村拓哉は、この映画で初めて嵐の二宮和也と共演。TOKIO同様、嵐とSMAPは長年、『NHK紅白歌合戦』のような大型音楽番組以外での共演はNGといわれてきた。実際に、今まで嵐とSMAPのメンバーが共演したことはほぼない。

 しかし今回の初共演では、映画の番宣として二人で男性ファッション誌の表紙を飾り、共にバラエティ番組にも出演した。バラエティ番組では木村が嵐のことを褒めちぎり「ニノの家に行きたい」と発言、二宮も木村を大いに持ち上げてわざとらしいほど仲の良さをアピール。双方の奮闘が目立った。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。