木下優樹菜のインスタ炎上が辻希美にそっくり!「男の子のママは楽しくないってことですか?」

【この記事のキーワード】

辻希美は煮込みハンバーグを作っただけでアンチから叩かれる

 辻には一定数のアンチが定着しており、ある「ママ向け」のネット掲示板には辻がブログやインスタグラムを更新するたびに批判的なコメントが続々と投稿される仕組みが出来上がっている。

 たとえば最近は、辻が妊娠中にハロウィンパーティーに参加しただけで「妊娠中なんだから参加するな」「お腹の子供がかわいそう」。なかでも手料理の写真を投稿した際の批判が多く、ピンクのお皿にカレーを盛れば「食欲を無くす色で家族が可愛そう」、煮込みハンバーグを作れば「うまく焼けないから煮込んでしまうの?」、ハヤシライスを作れば「辻一族のハヤシライスって豚肉なの?」。このように揚げ足を取るようなコメントが必ず上がり、ネットニュースとして拾われ、拡散していく。

 また、辻のアンチは夫である杉浦太陽へのバッシングも激しく、掲示板では「全然料理しないダメな夫」「仕事もろくにしてないくせに偉そうなことを言うな」などのひどい意見が並ぶ。

 ただ最近は「辻希美が炎上」というネタがネットで取り上げられると、「そんなことで叩かれて可愛そう」「しっかりお母さんやってて偉いじゃん」「辻は何も悪くない」といった辻を擁護する意見も多くみられる。実際に辻を批判している人は一部ということだ。

 一連の流れはもはや様式美として確立されているようですらあるが、辻がこうした小姑的バッシングに一切傷つかずにここまできたかといえば、そんなことはないだろう

 さて、木下優樹菜も最近はインスタグラムに執念深いアンチが固定化し、バッシングコメントを付けられることが多くなっているようだ。今年11月にアップした木下の手料理の写真には、「メインがない」「赤と緑が足りない」といった、辻と類似のコメントも登場した。殿堂入りした辻にかわって、木下が“炎上ママタレ”襲名となるのかもしれない。辻と違い、喧嘩腰で反論するタイプの木下は、炎上増加にあたってどう反論していくのだろうか。

1 2

「木下優樹菜のインスタ炎上が辻希美にそっくり!「男の子のママは楽しくないってことですか?」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。