エンタメ

加藤シゲアキ主演『犬神家の一族』にSMAPファン激怒! いまだ消えぬSMAPをめぐる「圧力」と「忖度」

【この記事のキーワード】
【完成】加藤シゲアキ主演『犬神家の一族』にSMAPファン激怒! いまだ消えぬSMAPをめぐる「圧力」と「忖度」の画像1

『犬神家の一族』(フジテレビ系)番組ホームページより

 12月24日21時30分よりスペシャルドラマ『犬神家の一族』(フジテレビ系)が放送される。言わずと知れた横溝正史原作の名作をドラマ化したものだ。『犬神家の一族』は市川崑監督・石坂浩二主演の1976年版映画をはじめ、これまで何度も映像化されてきた。今回、金田一耕助を演じるのは加藤シゲアキ(NEWS)なのだが、このキャスティングがSMAPファンの間で波紋を呼んでいる。

 というのも、近年において金田一耕助は稲垣吾郎の当たり役だったからだ。稲垣吾郎は2004年の『犬神家の一族』をはじめ、『八つ墓村』(2004年)、『女王蜂』(2006年)、『悪魔が来りて笛を吹く』(2007年)、『悪魔の手毬歌』(2009年)と、5回にわたって金田一耕助を演じてきた。しかも、これらのドラマはすべて今回の『犬神家の一族』と同じフジテレビで放送されてきたものだ。そこに来て、稲垣吾郎の後釜にジャニーズ事務所所属の加藤シゲアキが当てられてきたことにSMAPファンは憤りを隠せない。稲垣吾郎はSMAP解散以降、地上波のテレビドラマに出演できていないので、その怒りはなおさらだ。

 「週刊女性」(主婦と生活社)によれば、今回の『犬神家の一族』の演出を務めるのは、『ギフト』(木村拓哉主演/1997年)、『眠れる森』(木村拓哉主演/1998年)、『HERO』(木村拓哉主演/2001年)、『人にやさしく』(香取慎吾主演/2002年)、『西遊記』(香取慎吾主演/2006年)、『幸せになろうよ』(香取慎吾主演/2011年)などの演出を務めたフジテレビの社員演出家・澤田鎌作氏。「かまさく」の愛称でSMAPファンからも親しまれていた澤田氏が今回の『犬神家の一族』に関わることを「裏切り」と捉えるファンもおり、それがさらに怒りを助長しているのではないかとも報じられている。

USJとのコラボはSMAP解散後、関ジャニ∞に交替

 今回、『犬神家の一族』のキャスティングにSMAP解散のいざこざが関係しているのかどうかは藪の中だが、とはいえ、SMAPのメンバーが継続的に受けてきた仕事が、SMAP解散以降にジャニーズ事務所の後輩メンバーに振られる例は他にもあった。

 たとえば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとの仕事だ。今年のUSJのクリスマス・アンバサダーを務めるのは関ジャニ∞だが、もともとジャニーズ事務所のなかでUSJとコラボしてきたのはSMAPだった。2014年には初代USJ大使に就任し、翌年にはアトラクション「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」のテレビCMに出演してきたという経緯がある。

「世界に一つだけの花」が強引に消された不自然な音楽番組

 ここ最近になって再び、SMAPをめぐって「ジャニーズ事務所からのマスコミへの圧力、あるいはメディアからの忖度」の存在を疑わせるような例が次々と顕在化している。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。