エンタメ

山本裕典が芸能界に完全復帰で「2年しばり」解禁 引退の原因は何だったのか

【この記事のキーワード】
【完成】山本裕典が芸能界に完全復帰で「2年しばり」解禁 引退の原因は何だったのかの画像1

山本裕典公式サイトより

 俳優の山本裕典(30)が芸能界に本格的に復帰するようだ。山本裕典は2年前に所属していた芸能事務所・エヴァーグリーン・エンタテイメントが突如契約終了を発表し、当時はキナ臭い噂も出回った。ともあれ事務所との契約終了とともに、山本は芸能界から姿を消したのである。

 2017年当時を振り返ってみよう。エヴァーグリーン・エンタテイメントは公式サイトにて次のように発表した。

<この度、マネージメントをしておりました山本裕典が弊社とのマネージメント業務委託契約の内容に違反したため、2017年3月21日付けで山本裕典とのマネージメント業務委託契約を終了することにいたしました>

<本日まで数えきれないほど、山本裕典本人と話し合い、何度も熟考を重ねました>

<本日までの一連の諸事情を鑑み、山本裕典が弊社の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました>

 一体どんな契約違反があったのか。噂が錯綜し、ネット上で「山本は薬物を使用していたのではないか」などの流言飛語が跋扈。だが事務所はそれらを否定するように<法律違反(犯罪)ではない>と明言していた。

 ではいったい業務委託内容の違反とはなにか? 当時、具体的な内容が公表されることはなかった。だが、この公式発表から約7カ月後の10月30日。情報番組に『バイキング』(フジテレビ系)に同事務所の弁護士・佐藤大和氏が出演し、解雇理由について語ったのである。

 それによると「演技には熱や本気度が必要。(山本は)それが(同事務所の)社長が求めるレベルになかった。社長としてはもっともっと意識を高く持って欲しかった」という理由からだったそうである。この言葉通りに考えるなら、事務所社長は山本の演技に熱意を感じられなかったため、解雇という結論を出したということになるのだろう。

 だが、おそらく世間はこの言葉を鵜呑みにしてはいまい。山本の解雇は、彼の度重なる女性スキャンダルに原因がある、と捉える声がネットでは圧倒的多数派だった。山本は元AKB48の前田敦子や地下アイドルの卵との熱愛報道があり、キャバ嬢とのベッド写真が流出したこともある。また山本は東京・港区にあるバーを友人とともに経営、近辺のキャバクラ経営にも関与していたりと“副業”を行い、いわゆる<裏バイト>に精を出していたとされており、こうしたプライベートが解雇理由ではないか、と複数の週刊誌が報道したのだ。結局、真実はどこにあるのかわからないまま、私たちがテレビで山本の顔を見ることはなくなった。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。