エンタメ

桑子真帆アナと水卜麻美アナに「独立」説、背景にはテレビ局の労働問題

【この記事のキーワード】
【完成】桑子真帆アナと水卜麻美アナに「独立」説、背景にはテレビ局の労働問題の画像1

『ニュースウオッチ9』インスタグラムより

 NHKの桑子真帆アナウンサーに独立説が飛び交っているという。「日刊ゲンダイDIGITAL」によると、桑子アナが「来年3月で退局を考えている」という情報があるものの、本人は「否定というか、お茶を濁すばかり」で、上層部はオロオロしているという。

 桑子アナは『ニュースウオッチ9』でキャスターを務め、『NHK紅白歌合戦』では昨年に引き続き今年も総合司会に起用されるなど、「NHKの絶対的エース」存在だと目されている。エースでありながら桑子アナが独立を考える背景には、「上司との折り合いが悪く、仕事のやり方に対し常に不満があった」こと、さらにフジテレビの谷岡慎一アナウンサーとわずか1年で離婚して「もう亭主や家庭のことを気にせずに自身の才覚で勝負できる環境下にあること」も大きいというのが、NHK関係者の話だ。

 真相は定かでないが、自分はアナウンサーとして順調に実績を積んだが上司には不満があり、それでいて家庭に縛られることなく自分の進退を決められる状況にあるのならば、独立を検討しても不思議ではない。また、フリーになれば仕事量を自分で調整することもでき、ワークライフバランスを実現できるかもしれない。エースと呼ばれる女性アナウンサーは、得てして働きすぎだ。

 NHKといえば今年3月末、27年間在籍した有働由美子アナウンサーが独立したことが記憶に新しい。『あさイチ』では視聴者に好評を博していた有働アナだったが、今年10月からメインキャスターを務める『news zero』(日本テレビ系)では視聴率好調とはいっていない。先輩である有働アナの苦戦を目の当たりにした桑子アナが、「独立するなら年齢的に早い方がいいと判断」「フリー宣言して売り出すならまさに“今でしょ”」との見方をする関係者もいる。

 そしてもう1人、長く独立を噂されているアナウンサーがいる。日本テレビの水卜麻美アナウンサーだ。水卜アナは、12月28日放送の『キャスター&記者1000人が選んだ!平成ニッポンの瞬間映像30』(日本テレビ系)で、有働由美子アナとタッグを組んでMCを務める。収録はすでに済んでいるが、水卜アナは有働アナに「フリーっていいですか?」直撃し、スタジオをどよめかせたという。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。