エンタメ

年末恒例『笑ってはいけない』シリーズで、松本人志を絶対にキレさせてはいけない事情

【この記事のキーワード】

お尻を顔面にうずめられ松本人志がガチギレ

 年末恒例のキラーコンテンツ『笑ってはいけない』シリーズを続けるもやめるも松本人志次第――。その雰囲気が、収録中でも感じられることが多々あるのだとか。

「2014年の『絶対に笑ってはいけない大脱獄24時』の収録中、松本さんがある芸人のお尻を顔面にうずめられるという罰ゲームを執行されたのですが、その“圧力”があまりにも強かったのか、松本さんがガチでブチギレ。その日の収録がストップしたということがあったそうです。以後、松本さんに対する罰ゲームのときはスタッフが何度もシミュレーションを行って『絶対に痛くない罰ゲーム』にすることになったとか。また、番組中盤で必ずある『鬼ごっこのコーナー』も松本さんのみ体調不良を理由にやらなくなって久しいですが、スタッフも気を使いすぎてそれを了承するしかないようですね」(某放送作家)

 テレビ局と事務所としてはなんとしてでも続けたい年の瀬の恒例番組『笑ってはいけない』シリーズ。とにかく“松本人志を絶対にキレさせてはいけない”という最大のミッションを、今年もクリアしなければいけないようだ。

(文/藤原三星)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。