KinKi Kidsも今年で40歳! 長瀬智也、森田剛など若々しい40代ジャニーズたち

【この記事のキーワード】

 ファッションやヘアスタイルも、よい意味で「若い」。もう還暦までこのままいけるのではないか。さらに上の世代のジャニーズアイドルたちを見ても、たとえば少年隊の東山紀之は現在52歳だが舞台で華麗なダンスを披露しており、V6の坂本昌行も現在47歳だがミュージカルで大活躍だ。

 これは男性アイドルに限らずだが、10代・20代の頃は大人の指示に従うしかなかったり、「こう見られたい」「こうしなければ」と頑ななところがあったりするものの、30代・40代になれば「ここは自由にやってOK」とバランスを調整できるようになっていく……という側面も多分にあるだろう

中年男性もオシャレを楽しめる時代

 男性のファッションの多様化に関していえば、アイドルや芸能界といった一部の世界に限ったことではない。ひと昔前に比べて中年男性は随分とオシャレになってきている。

 振り返れば90年代、中年男性がオシャレを楽しむという構図はあまり一般的ではなく、休日に家族サービスに勤しんだり学校行事に参加する父親たちのファッションは大概ポロシャツ×スラックスで、色合いも落ち着いたものが主流だった。Tシャツやデニムジーンズを着ているパパなんて滅多に見かけることはなく、デパートの紳士服売り場では地味な色のものばかりが取り扱われ、面白みのかけらもなかった。

 それが00年代、10年代に入ると、中年男性たちもオシャレを楽しむようになり、メンズファッションの売り場でも多彩なデザインや色合いのものが取り扱われ、性別や年齢に関係なく、自分の好きなファッションを楽しめる。それが似合わず「若作り」と揶揄されるケースもあろうが、選択肢が増えたということ自体は好ましい傾向だろう。年齢を重ねるのは自然なことであるが、年齢に縛られて好きなものを変えていく必要はないのだ。

1 2

「KinKi Kidsも今年で40歳! 長瀬智也、森田剛など若々しい40代ジャニーズたち」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。