小川彩佳アナの二の腕に触れて「ぷにぷにだね」!? 富川悠太アナによるセクハラ疑惑

【この記事のキーワード】

テレビ朝日社内で行われたセクハラに関するアンケートの結果

 「週刊ポスト」(小学館)2018年6月22日号には、驚かずにはいられないテレビ朝日の内部情報も暴露されていた。

 福田前財務次官のセクハラが明るみになった直後、テレビ朝日では「ハラスメントに関するアンケート」という無記名アンケートが行われたのだが、そこで表面化したのは、「社外」との関係で起きたセクハラもさることながら、「社内」の関係で発生したセクハラ被害だった。女性回答者126人のうち、社外関係者からセクハラを受けたと回答したのは43人で34%だった一方、社内関係者からセクハラを受けたと答えたのは71人で56%にも及んだという。

 社内でセクハラが横行していることを示したこの数字は、テレビ朝日の企業体質の一端を示しているといえるかもしれない。「週刊ポスト」の記事では、この調査報告を受けて動揺した男性社員が多くおり、「あれを書いたのはお前じゃないのか?」などと、女性部下に探りを入れていた管理職までいたという。

 テレビ局は社会の公器であり、市井の人々に与える影響は非常に強い。そこがセクハラの問題をクリアできていないのは日本社会全体にとって由々しき問題であろう。

1 2 3

あなたにオススメ

「小川彩佳アナの二の腕に触れて「ぷにぷにだね」!? 富川悠太アナによるセクハラ疑惑」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。