エンタメ

大河『いだてん』にのんの名前がない理由…宮藤官九郎は圧力を受けるのんを応援し続けていた

【この記事のキーワード】
大河『いだてん』にのんの名前がない理由…宮藤官九郎は圧力を受けるのんを応援し続けていたの画像1

のんInstagramより

 1月6日より、宮藤官九郎が脚本を担当するNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の放送がスタートする。

 宮藤官九郎にとって初めての大河となる『いだてん』は日本が初めて夏期オリンピックに参加した1912年のストックホルムオリンピックから、1964年の東京オリンピック開催までの52年間を描く。明治以降の近現代のみを描く大河ドラマは33年ぶりとなる作品だ。

 NHKと宮藤官九郎といえば、真っ先に思い浮かぶのが、2013年上半期の連続テレビ小説『あまちゃん』だろう。『いだてん』にも、小泉今日子、橋本愛、勝地涼、荒川良々、ピエール瀧、松尾スズキといった名前が並び、『あまちゃん』ファミリーが多く出演している。

『あまちゃん』ファミリー大集合の『いだてん』に「のん」の名前がない

 しかし、そこに、「のん」の名前はない。

 実は、つい先ごろまで、のんが『いだてん』に出演する希望を抱かせるような報道も出ていた。

 10月19日に「FRIDAY」(講談社)が、のんと前所属事務所・レプロエンタテインメントの間で話し合いの場がもたれたと報じたのだ。

 「FRIDAY」によれば、これはレプロとの関係修復を望むのん側から持ち掛けた話し合いであり、のんは前事務所に対して移籍に伴う騒動を謝罪までしていたという。

 「FRIDAY」の報道によれば、この話し合いは『いだてん』出演に向けての調整であり、『いだてん』制作陣はのんを第二部の1936年ベルリンオリンピック編に登場させ、ドラマ中盤の目玉としてキャスティングしようという計画があると報じていた。

 とはいえ、前途は多難なようだ。

 「FRIDAY」のスクープの後、レプロ側は<能年氏から、過去についての謝罪と、弊社にマネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、本人との面会に至りました。しかしながら、何ら解決には至っておりません。なお、当事者しか知り得ないはずの情報が事前に外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります>とのコメントを出している。

 そもそも、現在ののんはレプロとはなんの関係もないわけで、もしも、この話し合いが『いだてん』出演のための調整なのであれば、そのような話し合いが必要であること自体が、レプロ=バーニングによる圧力や、NHKによるバーニングへの忖度という、非常に醜悪な芸能界の構図を炙り出している。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。