エンタメ

Perfume「30歳の扉を「バ〜ン」って開けたい」発言が素敵。長澤まさみ、綾瀬はるか、新垣結衣も「30代」を前向きに捉えるメッセージ

【この記事のキーワード】
Perfume「30歳の扉を「バ〜ン」って開けたい」発言が素敵。長澤まさみ、綾瀬はるか、新垣結衣も「30代」を前向きに捉えるメッセージの画像1

Perfumeオフィシャルインスタグラムより

 本日放送される『第69回NHK紅白歌合戦』にPerfumeが出演する。

 Perfumeは「Future Pop 紅白SP」と題して、2018年8月にリリースされたアルバム『Future Pop』のタイトルトラックを『紅白歌合戦』だけの演出でパフォーマンスする予定だ。

 Perfumeといえば、のっちが1988年9月20日生まれ、かしゆかが1988年12月23日生まれ、あ〜ちゃんが1989年2月15日生まれと、今年度に30歳を迎える学年で、早生まれのあ〜ちゃん以外の二人はすでに30歳の節目を迎えている。

 Perfumeが三十路というと隔世の感を禁じ得ないが、そんな人生の節目に際して語った「30代への意気込み」がとても素敵だった。

 2018年11月28日『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2018』(日本テレビ系)に出演した際、歌唱前にMCの櫻井翔(嵐)とPerfumeとの間でちょっとしたトークがあったのだが、そこでこんなやり取りが交わされたのだ。

櫻井翔:えっ? もうすぐ30代になるの? びっくりですね。
のっち:三人同い年で、私はもう30歳になってて、来月かしゆかで、2月にあ〜ちゃんが(30歳になります)。
櫻井翔:かしゆかさんと、あ〜ちゃん、お二人、20代最後にやりたいこと、いかがですか?
かしゆか:私、もう、やりたいこと全部やらせていただきました。幸せです。
あ〜ちゃん:年重ねるってマジ楽しくて、大人って超楽しいって思ってて。だから、30歳の扉を「バ〜ン」って開けたいです。
櫻井翔:踊ってるとき超楽しそうだもんね。素敵。

 この発言は放送直後からSNSでも話題となり、多くの人の支持を集めた。

 現在のPerfumeが「アイドル」なのか「アーティスト」なのかは人によって捉え方が分かれるところだと思うが(そのような立ち位置を開拓したのも彼女たちの功績である)、ファンのなかに「アイドル」と捉える人が一定数いるのであれば、メンバーが続々と30歳の誕生日を迎えていくことを明るいニュースと言い難いとの認識をしてもおかしくない。そこを、<30歳の扉を「バ〜ン」って開けたいです>と宣言できることは、とても素晴らしいことだ。

 Perfumeの3人がこうした明るい発言をしたことは、社会にも良い影響を与えるはずだ。ロールモデルとなる芸能人の発言は、急速に社会に伝播し、人々の価値観を変えていくからだ。

 そして、そういった動きはもうすでに始まりつつある。

長澤まさみが草笛光子から受けた影響

 長澤まさみもそのひとり。2017年の6月に30歳の誕生日を迎えた彼女は、「ケトル」(太田出版)2018年4月号のインタビューで、30代に入った感慨をこのように語っている。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。