エンタメ

松本人志は自らの権力に無自覚?「パワハラ芸」と認識しない価値観が炎上の原因か

【この記事のキーワード】
松本人志は自らの権力に無自覚?「パワハラ芸」と認識しない価値観が炎上の原因かの画像1

『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』特集ページより

 昨年の大晦日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時』(日本テレビ系)は、18時半から21時までの第1部では14.3%、21時からの第2部では12.8%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。紅白裏の民放では1番の成績を残したが、『第69回NHK紅白歌合戦』の平均視聴率(第2部)が昨年の39.4%から41.5%にアップした一方で、『笑ってはいけない』は昨年に比べて、1部で3ポイント、2部では3.5ポイントも落とした。

 2006年から続いてきた大晦日特番『笑ってはいけない』というコンテンツ自体が飽きられてきたというのもあるだろうが、もうひとつこの視聴率下落に大きな影響を与えているだろうと考えられるのは、松本人志が世間からの批判に対してとってきた、真摯とは言い難い姿勢である。

 wezzyでも松本人志の炎上については複数回にわたって扱ってきたが、財務省の福田淳一前事務次官によるセクハラ問題に「ハニートラップじゃないのか」と発言したり、杉田水脈衆議院が「新潮45」(新潮社)に寄稿した文章が炎上した際も「そんなにおかしなことは言ってない」と素っ頓狂な擁護を始めたりと、昨年も『ワイドナショー』(フジテレビ系)のなかで微妙な発言を繰り返した。

 これらの発言が災いしたのもあるのだろうが、「週刊文春」(文藝春秋)2018年11月22日号に掲載された「嫌いな芸人」ランキングでは、昨年に引き続き2年連続でダウンタウンが選ばれた。投票数1008票のうち475票が松本人志を名指ししたものであり、投票した読者からは<下品な『弱いものいじめ芸』のトップランナーであることは間違いないが、楽屋ネタばかりで、どこが面白いのか>といったコメントが寄せられていたという。

 「弱いものいじめ芸に過ぎない」という世間からの評価に対して、松本人志本人はどのように思っているのか。「SPA!」(扶桑社)2018年12月25日号に掲載されたインタビューで松本はこのように語っていた。

<みんなね、すっごい僕のことを強いと思ってるんでしょうね。だから『FREEZE』でも、僕がいじめてるみたいに見えるんでしょうけど、全然そんなことはなくて。実際、テレビの自分の番組ではかなりきついこともやらされてますから。でもなぜか、レビューでクソほど僕がいじめられるという(笑)>

 この発言から、松本自身は自分が芸能界における絶対的な権力者であり、お笑い芸人の後輩たちはもちろん、芸能メディアでさえ彼の権力に怯え、かしずいているのだという状況を、まったく自覚していないということがわかる。

『FREEZE』は松本人志の「パワハラ芸」の象徴

 『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』は『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』の流れを汲む新シリーズとして、2018年9月19日からAmazon Prime Videoで配信されたバラエティ番組。

 『FREEZE』で松本人志から提示されたルールはひとつ。「FREEZE」とコールされたら、参加者は椅子に座った状態で背筋を伸ばして腕を組み、「RELEASE」とコールされるまで、なにをされても動いてはいけないというものだ。最後まで耐え抜いた優勝者には賞金100万円が与えられる。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。