エンタメ

Juice=Juice卒業発表で沸く“アイドル25歳定年説”、アンジュルム和田彩花が怒り「そんなに私たちは無垢だと思われているのか」

【この記事のキーワード】

Juice=Juice卒業発表で沸くアイドル25歳定年説、アンジュルム和田彩花が怒り「そんなに私たちは無垢だと思われているのか」の画像2

アンジュルム和田彩花のオフィシャルブログトップページ

アイドルから発せられた言葉にこそ耳を傾けるべき

「女性アイドルは未熟な存在であり、その成長を楽しむものである」。そんな考え方があるのは事実だ。そのようなコンセプトのアイドルが存在しているのも間違いない。しかし、そうではないアイドルもたくさんいるし、仮に未熟な存在であるからといって、アイドルが“操り人形”であるわけではない。さらにいえば、仮に“操り人形”であるかのように見えるアイドルがいたとしても、それはそのアイドル本人の決断によって操り人形になっているということでもある。すべての人間がそうであるとの同様に、すべてのアイドルには意志があり、その意志に従って行動しているのだ。

 にもかかわらず、アイドルの言動ではなく、ファンによる妄想の産物である“25歳定年説”を信じるということは、それは一面において、アイドルの人間性を否定する行為ともいえるだろう。そもそも“アイドル”なるものは、その人間性の魅力こそが重要視される存在のはずだ。ルックス、歌声、ダンス、性格、考え方など、あらゆる要素を含んだ総合的なパーソナリティーがアイドルの魅力となっているのだ。

 そうであるならば、アイドルから直接発せられた言葉にこそ耳を傾けるべきなのは確かであり、“25歳定年説”という“妄想”に揺さぶられる余地などないはず。アイドルの言葉を信じずに妄想を信じるとは、一体そのアイドルの何が好きだったのか──と疑念を抱かざるを得ない。

 また、今回のように“25歳定年説”が持ち出される背景には、「アイドルが卒業なんて望んでいるわけがない」といった“決めつけ”や、「ファンが卒業を求めていないのだから、アイドルは卒業するべきではない」といった“押し付け”の存在も感じることができる。

 かつて宮崎由加は「ファンの人が求める姿であり続けたい」といった趣旨の発言をしたこともあり、そういった“プロ意識”に感銘を受けていたファンも少なくない。しかし、1人の人間として成長したいと卒業を決断したからといって、宮崎のプロ意識が損なわれるものではない。また、卒業発表動画で宮崎は、

「Juice=Juiceの宮崎由加が好きだったという方にはちょっと寂しい気持ちにさせてしまったかと思うんですが、それをはねのけるくらい今後の宮崎由加に期待してもらえるように、本当に頑張りますので、どうか温かく見守っていただけたらなというふうに思います」

 と、今後の活動に対する前向きなメッセージを残しているのだ。その言葉を無視して、「本当は卒業したくないはずだ」と決めつけるのは、あまりにもファンの側の身勝手ではあるまいか。和田の怒りの原因が、アイドルに対する本来の意味でのリスペクトが欠如したそういった行為にこそあったのだとすれば、それはきわめて当然のことだろう。

「坂道合同オーディション」から考える、ハロプロのお家芸“公開オーディション”という時代の終焉

 今年6月から開催されていた、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の「坂道シリーズ3グループ合同オーディション」の合格者39人が決定。12月3日に乃木坂4…

ウェジー 2018.12.16

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。