連載

結婚披露宴準備をめぐる親とのトラブル「決定事項を覆そうとする彼の親」

【この記事のキーワード】

 他のコメントにも、いかに沖縄の家族関係が密で、飲み会がしょっちゅうあるか、などが書き込まれていた。沖縄がむちゃくちゃ特殊な場所みたいなコメントが多い。結局、沖縄の地元密着型の風習には乗っかるしかないのだという意見だ。

 いやいや、それはわかる。が、だったら契約金を払う前にそういう話は彼からも、彼の両親からもちゃんとするべきじゃないですかね? なし崩しにすすめて、トピ主を“分かってないわがままな嫁”のようにしてしまうのは間違いと思うんですけどね。沖縄式関係なく、口を出す順番とやり方がおかしい、って話で、やっぱり彼と彼両親は地雷だと筆者は思う。

 だがトピ主は、この「沖縄式ならしょうがない」的なコメントを読み悩み始めたようだ。

「皆さんの意見を読んでいると、その土地の風習に合わない私の意見がいけない気がしてきました。
郷に入っては郷に従えってことですよね。それが無理なら結婚しない方がいいと。
向こうの立場になって考えるとこんな反発してくる婚約者って正直嫌ですよね。
お互いの意見を取り入れた妥協案を考えたつもりですがそもそも私の意見を取り入れることがいけなかったのか…
沖縄の人は家族を大事にする風習なのはわかっています。だからこそこれから家族になる私たちのことも考えてくれるもんだと勝手に思っていました。
甘かったです。
でも今更やっぱり義実家のやりたい披露宴をしましょうなんて言えない…
私の意見は押し殺さないとこの先やってけないですね。
そうやって嫁ぎ先で生活している方々本当に尊敬しますが」

 いや〜というか、彼がしっかりしてないのと、彼両親の説明不足が原因だと思う。さて、あれやこれやとコメントが書き込まれる中トピ主は決意したようだ。

「正直何が正解かわからないし
この先も悩むと思います。
ただ、好きな人と別れるつもりもないし
だからといって今後様々さ意見のぶつかり合いがあると思いますが義実家に100%従うことも難しいと思うので、
それでも私と結婚する気があるか、
私が嫌だ、ストレスだと思うことに関しては彼が盾となり、架け橋となって守っていく覚悟があるのか、
その覚悟がないと彼が言うのであれば
私は身を引きます。
私は私を殺してまで結婚する覚悟はないのでそれを受け入れてくれる人と結婚しようと思います」

 このあとにトピ主レスはない。結局どうなったのか、とっても気になる!

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。