政治・社会

『串カツ田中』だけじゃない、千葉ロッテのチアリーダー盗撮事件

【この記事のキーワード】

Thinkstock/Photo by boonyoo

 近年店舗数を増やしている『串カツ田中』を運営する『串カツ田中ホールディングス』が12月21日の夜、「串カツ田中フランチャイズ加盟店による盗撮問題発生について」というお知らせを発表した。『串カツ田中』フランチャイズ加盟店H社が運営する神奈川県内の4店舗において、スタッフルーム内にカメラが設置されていたことがわかったのだ。

 この唐突な発表には週刊誌の取材が影響していたようで、12月26日発売の「週刊新潮」(新潮社)によれば、店舗に隠しカメラを設置した業者が同誌編集部に告発したことに端を発し、取材を行なっていた矢先、『串カツ田中』がこの事実を「お知らせ」として公表したのだという。

 カメラ設置はH社の取締役から命じられたものであり、このカメラの存在を知っていたのは、今回告発に踏み切った設置業者と、H社取締役A氏、そしてH社社長だけだったと記事にはある。同誌は取材を始めてからA氏がカメラを切る映像も入手、ウェブにて公開した。

 その後の「お知らせ」で、先の4店舗は12月22日をもって閉店することが発表されている。組織ぐるみでの大規模盗撮事件が明るみになったいま、同店に勤務していた従業員たちはどのような思いで年の瀬を迎えているのだろう。同社は「盗難防止目的」であった旨を釈明しているが、たとえそれが真実だとしても、無断での撮影が許されるはずはない。

 実はこうした、組織内における盗撮行為が民事裁判へと発展した例が、今年はほかにもあった。

 今年の8月24日、千葉ロッテマリーンズを応援するチアリーディンググループ「M☆Splash!!」(以下、エムスプラッシュ)のメンバー7人が、千葉ロッテマリーンズおよびエムスプラッシュを運営するD社、そしてD社の盗撮犯を相手取り損害賠償を求めていた裁判の判決が言い渡された。原告であるエムスプラッシュのメンバーらは、被告らにそれぞれ一人ずつ220万円の支払いを求めていたが、判決ではD社と盗撮犯に対して33万円ずつの支払いが言い渡されている。

 エムスプラッシュのメンバーらは、千葉ロッテマリーンズと出演契約を締結しスタジアムでのパフォーマンスを行なっていた。だが2015年12月、被害者のうち2名が、ZOZOマリンスタジアム内に設置の事務所一角に設けられた行為スペースで着替え中に偶然、録画中のiPodnanoを発見したのである。メンバーらがこのデータを確認したところ、動画に盗撮犯Bが機器を設置する場面が映っていた。『串カツ田中』の例と同じく、録画開始・停止時には犯人の姿が映ることが多いようだ。

 これを受け、Bは当初、2名にのみ盗撮を行なったことを認めたが、その後自宅で発見されたSDカードから、2名以外にも盗撮を行なっていたことが発覚したのである。Bはこの件で、軽犯罪法違反に問われ、2016年6月、千葉簡易裁判所に起訴され過料処分を受けた。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。