連載

メリー喜多川・藤島ジュリー景子の“母娘体制”は不幸を招く!? 滝沢秀明が目論む“ジャニーズ革命”とは?

【この記事のキーワード】
メリー喜多川、藤島ジュリー景子の母娘体制は不幸を招く!? 滝沢秀明が目論むジャニーズ革命とは?の画像1

現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている、芸能吉之助と申します。

 2018年もいよいよ年の瀬。前回は今年大ブレイクを果たしたDA PUMP「U.S.A.」の“仕掛け人”、ライジングプロダクションの平哲夫社長のお話をしましたが……ライジングプロの絶好調の裏で、気になるのがジャニーズ事務所の動向です。

 今年は、関ジャニ∞渋谷すばるくんの脱退、TOKIO山口達也くんのわいせつ事件、NEWS小山慶一郎くんの未成年飲酒問題&『news.every』キャスター降板、Hey! Say! JUMP岡本圭人くんの海外留学を理由にした活動休止、滝沢秀明くんのタレント引退、King&Prince岩橋玄樹くんとSexy Zone松島聡くんのパニック障害による休業……この数カ月でこれだけのことが起こっていて、ジャニーズ事務所だけでなく、ファンの子たちも今年はずっと悲鳴を上げっぱなしだったんじゃないでしょうか。

 そして、いよいよ年も押し迫った師走に入って「週刊文春」(12月13日号)で報道されたのが、ジャニーズJr.の人気メンバーが一斉退所したことについてのニュースです。これは、ジャニーズJr.内での人気グループ「Love-tune」のメンバーに関する記事。一斉退所の理由として記事内では、彼らが事務所側から提示された契約書にサインするのを保留したため、待遇面で差を付けられた、平たくいえば“干された”ため……とされています。

「Love-tune」は、安井謙太郎くん、真田佑馬くん、諸星翔希くん、森田美勇人くん、萩谷慧悟くん、阿部顕嵐くん、長妻怜央くんと、テレビドラマや映画にもよく出演していた人気メンバーばかり。契約書問題に関しては、「いったん契約はしないほうがいいよ」と裏でささやいた人物がいたとかなんとか……そういう話も出ていますが、さて真相はどうなんでしょう。

 ファンの間やネットでもこの出来事に関しては、「事務所の言いなりになるタレントしか、ジャニーズではやっていけないということか」「ジャニーズ事務所の闇が深い」などと話題になっていましたね。

メリー喜多川、藤島ジュリー景子の母娘体制は不幸を招く!? 滝沢秀明が目論むジャニーズ革命とは?の画像2

人気メンバーが多数所属した7人組グループであった「Love-tune」

滝沢秀明くんは、本気(マジ)らしい!

 2016年来の“SMAP騒動”も含め、急速にジャニーズ事務所の求心力が失われつつある(ように、少なくとも外側からは見える)ようなここ最近の状態。こうした中、これまでの事務所のカリスマ的な象徴であったジャニー(喜多川)さんがいよいよご高齢で引退されることになったら……。そうなれば、あっという間に“ジャニーズ帝国”は瓦解するだろう……なんてうわさしている人も業界の中には多いです。

 で、そこで登場するのが、この9月に“引退表明”し、“後進の育成に専念する”ことを発表した滝沢秀明くんなんです。彼、どうやら本気らしい。かなり本気でジャニーズを変えようとしているらしく、業界内で漏れ伝わってくるうわさによると、業界のお偉いさん方、さまざまな関係者に会いまくり、いろんなプロジェクトが始動させようと画策中なんだとか。

 ここ最近のメリー・ジュリー母娘主導路線……つまりはメリー喜多川さんと藤島ジュリー恵子さんの母娘が中心となってやってきたことへの否定……とまで言うとちょっと言い過ぎかもしれないけれど、もしかするとこれまでジャニーズ事務所内でタブーとされてきたことも、これからはどんどんやっていきたいと思っているんじゃないでしょうかね、滝沢くんは。

メリー喜多川、藤島ジュリー景子の母娘体制は不幸を招く!? 滝沢秀明が目論むジャニーズ革命とは?の画像3

起こせ、滝沢革命!

 おそらくそういったことは、以前は元SMAPマネージャーの飯島三智さんがやろうとしてきたことで、バラエティーや脇役でのドラマ出演、最先端のクリエイターとのコラボレーションなど、それまでのジャニーズのやり方ではない方法でタレントを大きく育ててきたんですよね。飯島さんのそういうところを、おそらくジャニーさんは非常に買っていたんだと思うんです。だけど、一連の“SMAP騒動”のそもそもの発端となった、2015年冒頭の「週刊文春」のメリーさんへのインタビュー記事……メリーさんが飯島さんを面罵したというもの……をきっかけにして、飯島さんはジャニーズ事務所を出ることになってしまう。

 その後、元SMAPの稲垣吾郎くん、草彅剛くん、香取慎吾くんはジャニーズ事務所を出たとたん、ネットに活動の場を移しましたよね。テレビに出られないからネットしか行く場所がなかったという声もあり、それは一面の真実ではあると思いますが、一方でああいうことって、飯島さんがずっとやりたかったことなんじゃないかとも思うんです。

ジャニー喜多川氏が滝沢秀明・東山紀之と目論む、次なる“野望”

「舞台から向かって右側の最前列に陣取り、かぶりつきの状態でA.B.C-ZやジャニーズJr.たちを見つめていました。サングラスをしていたので表情は…

ウェジー 2018.10.23

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。