エンタメ

長嶋一茂からフジ女子アナへのセクハラ「短いスカート履いてくれ」

【この記事のキーワード】
長嶋一茂からフジ女子アナへのセクハラ「短いスカート履いてくれ」の画像1

Thinstock/Photo by structuresxx

 1月3日放送の『キスマイ超BUSAIKU!? 新春2時間半SP』(フジテレビ系)に出演した長嶋一茂が、“未解決事件”の真相に迫るコーナーで、かつて人気番組『プロ野球ニュース』(フジテレビ系)の土曜・日曜MCに抜擢された際に、「ある女性を傷つけてしまった」と明かした。それはいわゆるセクハラであり、視聴者の間で物議を醸している。

 1996年にプロ野球を引退した長嶋一茂は、しばらくして『プロ野球ニュース』からオファーを受けた。当時、同番組ではフジテレビの西山喜久恵アナウンサーがキャスターとして活躍しており、一茂とコンビを組む相手にも西山アナを推す声が多かったが、一茂は「彼女のイメージではないです」とはっきり言い、中村江里子アナウンサーを希望したという。そしてその希望は叶ったようで、確かに1998~1999年の『プロ野球ニュース』の土曜・日曜は、一茂と中村アナが担当している。

 Kis-My-Ft2(キスマイ)の藤ヶ谷太輔から「代えた理由」を問われた一茂は、「色気があるから」「男は(女性の)色気(を重視する)だから」と即答。プライベートではなく一緒に仕事をする女性に対して「色気」を望んでいたことを正々堂々と語る一茂に藤ヶ谷も絶句していたが、一茂は自分の感覚に全く疑いを抱いていないのか、悪びれる様子もない。

 中村アナには「短いスカート履いてくれ」と要求したことや、「脚を見せなきゃダメ」と番組セットのテーブルを取っ払うよう指示していたことなどを熱弁。また、CM前にあった中村アナの脚を映すカメラワークについても「これもね、俺の指示」とのこと。まるで過去の栄光でもあるかのようにそのようなことを明かす一茂が、「(西山アナを)かなり傷つけてしまったと僕は思う」と言っていても、本当に反省しているのか疑いたくなってしまうのだが。

 『キスマイ超BUSAIKU!?』に登場した西山アナは、当時自分が外されたのは「スタッフが決めた」ものだと思っていたと語り、黒幕が一茂だったとは知らなかったことが判明。それを聞いた一茂は、「それを聞いてすっげー重くなったな」「申し訳ないなって気持ちでいっぱい」「スタッフが俺の悪口でも言って『一茂が決めたんだからさ』とって言ってくれていたらもうちょっと楽だったな」「彼(スタッフ)にも申し訳ない」と懺悔を口にした。しかし、これらの言葉からは、一茂が反省・後悔しているのは、あくまでも「色気」を望んだ結果、西山アナを外したことのみに対するものであることが窺える。ともすれば、西山を「色気がない」と断定したことを「失礼だった」と謝罪している節もあろう。

 スポーツニュース番組を一緒に担当する女性キャスターに短いスカートを要求し、脚を映すカメラワークなどを指示していたことについては、男性が女性の色気を求めるのは当たり前であり、世間はそれを望んでいるから、ウケることを指示しただけ……当時から20年ほど経った現在も一茂はそんな感覚なのだろうか。本当に「世間」がそれを望んでいるのかもわからないが、少なくともテレビ業界においては、世間の願望に従って脚を露出するのも女性キャスターの仕事だという認識がまかり通っていたのだろう。いや、今もそれが常識となっているのかもしれない。

 一茂に「申し訳ありませんでした」と謝罪された西山アナは「恐縮です」と受け入れる姿勢を見せた。しかし、一茂の言動・過去の行動に気分を害した視聴者は多かったようで、ネット上では、「セクハラ」「パワハラ」だと批判が集まっている。また、一茂の言動や女子アナを交代させた過去を「面白い出来事」であるかのように演出した制作サイドに対しての批判もある。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。