関ジャニ∞横山裕の失礼な言動や「深夜に女性を追いかける」恐怖演出で番組炎上!

【この記事のキーワード】

関ジャニ∞メンバーの“おっさん感”に幻滅する

 しかし横山裕の態度は丸山とは正反対に、炎上している。

 たとえば終盤、横山裕は神楽坂でランニングをしている女性に「お母さん、ちょっと話聞くことって可能ですか」と声をかけ、女性の横を併走した。すると女性は「お母さんじゃない。失礼な」「テレビはダメ」「どうせくだらないテレビ」と取材を拒否。しかし、横山とカメラは女性を追い続け、「しんどい、やめて」「しつこいね」と言われるまで話しかけ続けた。その後、取材を断られた横山はカメラに向かって「くだらないバラエティだって」と憮然とした顔。番組もこの流れが“笑える”として放送したのだろうが、断られたにも関わらず追い続け、最終的に逆切れする態度は、ただ“失礼”なだけであった。

 また横山は、取材に応じた40歳代の女性に対し、「年下の男と付き合っていますよね?」「女の色気が出ている」「酔うと(男性の)膝とか触ったりしますか?」といった主旨の質問をするなど、初対面の女性に対してモラルの欠けた発言が多かった。安田章大とともに行動していた横山だが、女性に仕事のダメ出しをされるとそろって不機嫌な態度になる場面もあった。

 仮に登場した女性たちが「仕込み」であったとしても、セクハラ丸出しの質問は違和感がある。テレビでは大御所といわれる芸能人が、無自覚に共演者の女性に対してセクハラ的な言動を繰り返す様が日々放送されているが、横山にもそうした“テレビの常識”が染み付いてしまっているのかもしれない。

 関ジャニ∞は2017年に発売された「奇跡の人」という曲の歌詞も、昭和的な結婚観や理想の女性像を提示していると賛否両論を呼んだ。「奇跡の人」の作詞作曲は、さだまさしであるが、歌詞にはメンバーの結婚観や女性観が盛り込まれて、最近の若い女性のダメなところを並べ嘆き、理想の女性は昭和的な一歩引いた女性だと歌っている。

関ジャニ∞の結婚観と女性観がおっさん丸出し。J-POPに見る結婚幻想と“女性の神聖化”

 錦戸亮主演ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系/土曜22時)の主題歌は、関ジャニ∞が歌う『奇跡の人』(9月6日発売予定)だ。この歌…

関ジャニ∞横山裕の失礼な言動や「深夜に女性を追いかける」恐怖演出で番組炎上!の画像1
関ジャニ∞横山裕の失礼な言動や「深夜に女性を追いかける」恐怖演出で番組炎上!の画像2 ウェジー 2017.08.04

 今回の『関ジャニ∞クロニクル』においても、初対面であるはずの通りすがりの女性に対する失礼な態度やハラスメント発言は、面白おかしいものとは言い難いのではないだろうか。

1 2

「関ジャニ∞横山裕の失礼な言動や「深夜に女性を追いかける」恐怖演出で番組炎上!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。