エンタメ

工藤静香が木村拓哉をプロデュースしてもメリットはゼロ! 言いなり夫ぶりに違和感

【この記事のキーワード】
View this post on Instagram

Kudo_shizukaさん(@kudo_shizuka)がシェアした投稿

 1月18日公開予定の新作映画『マスカレードホテル』の公開記念として、2018年12月より木村拓哉(46)主演の人気ドラマ『HERO』の一挙再放送が始まっている(関東ローカル)。また、『HERO』の映画第一弾はすでに1月5日にフジテレビ系で放送済み、映画第二弾も1月19日に放送予定だ。『マスカレードホテル』はフジテレビムービーであり、主演はこれが刑事役初挑戦となる木村拓哉。そんな裏事情があり、まさに現在、フジテレビあげてのキムタク祭り状態となっているのだ。

 昨年は次女であるKōki,のモデルデビュー、妻で歌手の工藤静香(48)が「週刊文春」(文藝春秋)主催の企画「女が嫌いな女ランキング・2018」でトップになるなど、家族が大きく注目される年となった木村。いや、なにも去年に始まったことではない。SMAPが解散してからというもの、工藤静香の注目度上昇と引き換えに木村はすっかり影が薄くなってしまったと言ってもいいのかもしれない。

 そんな木村を、工藤静香が“パパタク”としてプロデュースするようだ……と、「週刊女性PRIME」が伝えている。それによると、「(工藤は)Koki,のプロデュースをすると同時に木村さんのイメージアップも図ろうと動き出しているようです。今後は木村さんが娘に言及することも増えそうですね。今年は“キムタク”が“パパタク”に変貌する年かもしれませんよ」と、芸能プロ関係者。工藤静香がプロデュースなどすれば、むしろ木村拓哉のイメージが悪くなってしまいそうなほど、ネット上のバッシングは強いが……。

 昨年末には工藤と娘2人の結束があまりに固く、加えて母子の会話は主にフランス語か英語でかわされているため、木村がついていけずに家庭内独居状態になっていると「週刊文春」(文藝春秋)が報じていた。木村とジャニーズ事務所は、木村のハリウッド進出に力を入れるべく長期プランを練っていたが、工藤がKōki,の日本での売り出しを優先したせいで、木村と事務所サイドはその計画を断念したともあった。

 そのうえ、工藤静香プロデュースの“パパタク”だなんて、まるで言いなりではないか。仮に工藤静香がここまでバッシングされていなくとも、木村が成熟した大人の男性として不十分だとのイメージになってしまう。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。