エンタメ

NGT48山口真帆が暴行被害を涙で訴え「殺されてたら…」事務所は回答せず

【この記事のキーワード】
NGT48山口真帆が暴行被害を涙で訴え「殺されてたら…」事務所は回答せずの画像1

山口真帆公式Twitterより

 アイドルグループ・NGT48の山口真帆が、ファンの男2人から暴行被害を受けていたことが分かった。9日付のNHK WEB NEWSは警察への取材を通し、25歳の無職と男子大学生を暴行容疑で逮捕、その後不起訴になり釈放されたことを伝えている。

 昨年12月8日、新潟市内の山口真帆の自宅玄関先に押しかけた2人は、山口の顔を掴むなどして暴行の容疑で逮捕されている。調べに対し、男は「山口さんと話がしたかった」などと述べているという。

 この暴行事件については、被害者である山口真帆本人が8日に告発しており、ファンの間で動揺が広がっていた。

 山口真帆は動画配信サイトSHOWROOMに出演したが、いつもとは様子が違った。号泣しながら、「クリーンなNGTにするって言ったのに、新しいNGTにするって言ったのに悪いことしてるやつ解雇するって言ったくせに何も対処してくれない」と、内部でなんらかのトラブルがあったことを示唆。そのうえで、「真面目にやってる子が同じ目に遭うのは耐えられない」「殺されてたらどうなるんだろう」「全部本当のことを言いたいけど、お世話になっている人にも迷惑がかかるし」と訴えた。尋常ではない様子だったが、トラブルの内容には触れないまま、動画は途中で中断されてしまった。

 さらに翌9日早朝、山口真帆は自身のTwitterを更新。アカウントに一時的に鍵をかけたうえで、トラブルの詳細を次のように告白した。

 「私は先月公演終わり帰宅時に男2人に襲われました」
 「あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、あるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそのかしていました」
 「私もできるなら1か月前に戻って普通のアイドルでいたい」

 現在、当該ツイートは削除されているが、アカウント上には以下のツイートが残されている。

 「こんなこと言いたくない。お世話になってる人に迷惑かけたくない。皆さんにngtを嫌いになってほしくないからこの1ヶ月つらくても黙ってた。報道でもngtということは伝えないように私がお願いした。それもこのグループが大切だったから。そして全部対処、処分してくれると信じてたから。」

 「ngtのこと嫌いになってほしくない。真面目に頑張ってる子もたくさんいる。だけどそんな子たちが私と同じ目に遭うのは耐えられない。自分がつらいから大切な子たちに同じ想いをしてほしくない。泣くのは私だけでいいのにみんなも不安で悔しくて泣いてるのもうなんとかしたい。だから本当のこと言います」

 「恋愛しないで真面目にアイドルやってたことが悪いの?ファンと繋がらなかったことが悪いの?なんでルールを守ってたことがこのグループでは怖いめに遭わないといけないのなんで真面目にやってる子が守られないグループなの多くのファンを裏切って繋がってる人が正しいの?なんでそれを許すか分からない」

NGT48山口真帆が暴行被害を涙で訴え「殺されてたら…」事務所は回答せずの画像2

9日朝、山口が被害を訴えた(山口真帆公式Twitterより)

 こうした山口のただならぬ様子は、深夜から早朝にかけてファンの間で物議を醸した。山口を心配する声のほか、メンバーとのトラブルが関与しているという訴えについても憶測を呼んだ。

 一夜明けて暴行事件が報じられ、山口の訴えが真実だったことが明らかになったが、NGT48の運営サイドはこの事件をどう捉えているのか。運営元の株式会社AKSにコメントを求めたが、「担当者は不在」とのことで、回答は得られなかった。山口真帆の進退を心配するファンの声は高まっており、公式のコメントが待たれる。

 山口真帆は昨年12月22、23日の握手会を途中退場、1月6日の握手会は欠席していた。これ以前から、ファンの間では激ヤセが心配されていたが、山口は7日にツイッターで「心配かけてごめんなさい。体調は大丈夫です。2週間で4kg痩せたけどストレスです。拒食症じゃないです。こんなことあったら誰でも痩せるので大丈夫です。」と弁明していた。「こんなこと」というのはつまり今回の暴行事件であり、山口が心に深い傷を負っていることは明らかだ。彼女はまず適切なケアを受けなければならない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。