エンタメ

中村勘九郎の妻は最高評価、“悪妻”報道が絶えない藤原紀香との対比

【この記事のキーワード】

藤原紀香は夫よりも“自分”を優先している?

 藤原紀香は2016年に片岡愛之助と結婚し、梨園の妻に仲間入りをした。しかし、梨園関係者の間でのけ者にされているとか、愛之助に悪影響を与えているといった“悪妻”としての報道が多い。

 たとえば、2016年4月28日号の「週刊文春」(文藝春秋)では、藤原の非常識な行動として、「土足厳禁の楽屋をブーツで歩く」「愛之助の弟子を呼び出し注意する」「舞台の合間にスマホを見る」などをあげた。このような行動は梨園ではありえないもので、関係者も絶句していると伝えている。その他、「着物が派手」「出しゃばっている」など、彼女が夫よりも目立っていることを非難する声もある。

 また、2017年放送の主演のドラマ『眠れぬ真珠』(日本テレビ系)では、大胆な濡れ場を披露した藤原紀香だが、「女優を続けるにしても、梨園の妻として仕事は選ぶべき」といった意見もネットでは見られた。

 しかし、藤原が梨園から疎外されているといった報道が事実かはわからない。昨年、藤原紀香と片岡愛之助夫妻は「Numero TOKYO」2018年夏号(扶桑社)に揃って登場、紀香は<(梨園の)先輩お姉さま方も色々親切に教えてくださいます><皆さん、とても優しいです>と話している。愛之助もまた、梨園の妻としての紀香の働きぶりに感服しているそうで、<贔屓の方々にも評判が良いですし、なんでも懸命こなせる器の大きい女性だと思います>とリスペクトを表している。

 否定的な報道はあれど、少なくとも夫婦仲は良好なようだ。昨年の藤原の誕生日には、友人らを招きパーティーを行ったようで、愛之助がブログに載せた動画では、彼女が愛之助を指差しながら熱いラブソングを熱唱している。それを聴く愛之助も陽気にピースをするなど、仲睦まじい様子がうかがえる。

 自分は一歩引いて子供、夫を支えることに専念する妻が“できている”と称される梨園は、やはり古いしきたりが幅を利かせる世界なのだろう。しかし、愛之助と藤原は婚約会見の際、お互いの仕事に対するプロフェッショナルな姿勢を尊敬していると語っており、愛之助も藤原が仕事を続けることを了承しているはずだ。

 前田愛と藤原紀香。それぞれ方法は違えど、“梨園の妻”を一所懸命に務めていることに違いはない。片方が良妻で片方は悪妻、などという報道はおかしい。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。