エンタメ

なぜ山口真帆が謝らなければならないのか…現役メンバー、OG、メディア関係者、作曲家など、AKB関係者も続々と怒りを表明

【この記事のキーワード】

AKB48グループとは深い付き合いのメディア関係者も失望感を表明

 今回の件については、当初は運営を擁護する姿勢のメディア報道が多く、いまだにメディアでは「AKBタブー」の存在があるのかと思われる部分もあったのだが、その一方で、AKB48グループと深い関わりのあるメディア関係者ほど、運営の姿勢に強い憤りを示すという傾向も見られた。

 AKB48グループも多く連載をもってきた朝日新聞のアイドル取材班アカウントは<胸を張って、前を向いて欲しい。勇気をふりしぼって声を上げた人は、恥ずべきことなどないのだから>と、彼女の謝罪をもって幕引きを図った運営を批判。また、西日本スポーツ新聞でHKT48を担当している古川泰裕氏は<失望した。心の底から>とツイートした。

 長年AKB48グループの取材を続け、「月刊AKB48グループ新聞」などに執筆している岡田隆志氏(スクランブルエッグ編集長)は<AKSに昔からずっと在籍している人は少なくなってきてるはずだけど、何かが起きたときの文章のお粗末さは昔から何も変わってないの本当に不思議なんだよね>と、AKSの企業体質を批判するツイートを投稿している。

 デビュー以降AKB48グループを取り上げ続け、現在も連載ページをつくっている「週刊プレイボーイ」(集英社)の関根弘康氏は<峯岸さんのときとは違うよ。あれは恋愛禁止という村内のルール。今回は村の外の事件、大人が出るべき案件>と、AKSの責任者が誰も顔を出さない状況に疑問を呈した。

AKB48グループと関わりのあるクリエイターも山口真帆を擁護

 AKB48グループのメンバーたちと一緒に仕事をしてきた、お笑い芸人、ミュージシャン、映像作家なども、今回の運営の対応には、失望感と怒りを抱いている。

 『AKBINGO!』(日本テレビ)のレギュラーMCを務めているウーマンラッシュアワーの村本大輔はこんなツイートをしている。

<家に知らない男がきて襲われることがどれだけ怖いか、仲間に裏切られたとなればどんなに不審になるか、大人が守ってくれないことがどれだけ心細いか>

 AKB48グループに多く楽曲を提供してきた作曲家の外山大輔氏は<大丈夫。神様はちゃんと見てる>とつぶやき、NGT48のデビューシングル「青春時計」のリミックス「青春時計(豆腐メンタルRemix by tofubeats)」を手がけたDJ・音楽プロデューサー・トラックメーカーのtofubeatsは<人を駒やと思ってる事務所や会社の多いこと…>と、タレントを守らない運営を批判した。また、NGT48の3枚目のシングル「春はどこから来るのか?」のミュージックビデオを監督した映画監督の小林勇貴氏も<心の底から反吐がでるよ>と強い不快感を表明した。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。