エンタメ

なぜ山口真帆が謝らなければならないのか…現役メンバー、OG、メディア関係者、作曲家など、AKB関係者も続々と怒りを表明

【この記事のキーワード】

山口真帆の騒動は海外にも広く拡散されている

 山口の騒動は海外にも広く知れ渡っており、中国のSNS「Weibo」では一時トレンド入りするほどの話題となった。イギリスの「Daily Mail Online」は「Japanese pop star apologises to fans…after SHE was attacked by two men who have been arrested for assault」と題された記事で、女性に対する人権蹂躙が公然と行われた日本の状況の異常性を伝えている。

 海外のファンは「#JusticeForMahohon」というハッシュタグを付与して、彼女に謝罪をさせた運営に強い憤りを示しており、そこには日本語はもちろん、英語、韓国語、中国語、スペイン語、ロシア語、タイ語など、さまざまな言語が飛び交っている。

 このような状況をファンも静観しているわけではない。オンライン署名収集サイト「Change.org」では「NGT48グループ今村支配人の辞職と運営スタッフに公式な場での謝罪を求めます。」という署名が行われており、1月11日13時現在ですでに1万筆を超える署名が集まっている。

 NGT48運営およびAKSは、自らの下した判断のおかしさを認識し、しかるべき対応をやり直す必要がある。その作業を拒否するのであれば、メンバーはもちろん、これまでAKB48グループの活動を支えてくれたメディア関係者やクリエイターの信頼も失い、最終的には最も大事にしなければいけないファンすら去っていってしまうだろう。

(倉野尾 実)

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。