米津玄師の「年上彼女報道」が全然スキャンダラスな広がりを見せない理由

【この記事のキーワード】

 Google検索で「米津玄師」と入力すると、サジェストに表示されるのは「フラミンゴ」「ライブ」「歌詞」「レモン」など、彼の音楽に関連したワードばかり。昨年11月の「女性自身」の報道、そして今回の「週刊文春」の報道が出た際、ネット上のファンの反応は、「しっくりくる」「見守りたい」「米津さんが幸せなら問題ない」「米津さんの彼女に感謝しなきゃ」「幸せになってほしいね」など好意的で、「がっかり」や「ショック」といった声は少数派だ。

 さらに言えば、マスコミの米津玄師に対する報道の在り方に苦言を呈し、これから全国ツアーを控える米津玄師を心配しているファンの声もある。米津玄師の楽曲に心酔しているファンにしてみれば、デリケートなタイプで持病もある米津玄師にとって、マスコミの過激報道がどれほど負担になるか、そちらのほうがよほど気がかりだろう。

 米津玄師のプライベートを追跡して報じたところでファンは喜ばず、アンチも湧かず、誰も得をしない。今後はこうした報道も徐々に減っていくことだろう。

1 2

「米津玄師の「年上彼女報道」が全然スキャンダラスな広がりを見せない理由」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。