社会

大谷翔平の“お嫁さん探し”があり得ない 「遺伝子残して」というグロテスクな要望

【この記事のキーワード】
大谷翔平のお嫁さん探しがあり得ない 「遺伝子残して」というグロテスクな要望の画像1

『大谷翔平 MLB新人王』(サンケイスポーツ)

 2019年、最も結婚の動向が注目されている有名人は大谷翔平選手ではないだろうか。大谷翔平選手は昨シーズンからメジャーリーグに挑戦し、本塁打22本を放つなど大活躍。日本人メジャーリーガーではイチロー以来の17年ぶりとなる新人王に選出された。

 こうした快挙にも関わらず、11月に行われた凱旋帰国会見で、メディアの関心は大谷選手の結婚に向けられていた。ある記者が「結婚の予定」の質問を投げかけると、大谷は、「全くもって(結婚の予定は)ない」と苦笑。それでも記者は、「何歳くらいまでにご結婚されたいとか、ご自分のなかでありますか?」と食い下がったものの、大谷は「特にないですね」ときっぱりと否定していた。この場面は『バイキング』(フジテレビ系)をはじめ、各番組で大きく取り上げられた。

 大谷翔平選手は独身であるため、時代を生きるトップアスリートがどんなパートナーを選ぶのか、大きな関心を集めることは理解できる。しかし、恋愛や結婚は個人のプライベートな領域であり、メディアが面白半分ではやして立てるものではないはずだが……。

 2019年の年明け早々にも、大谷選手の結婚にまつわる話題がテレビのネタにされた。1月10日の『ナカイの窓』(日本テレビ系)では、「勝手にランキングを作ろう!」というテーマの下、「美味しすぎるコンビニグルメ」や「最高のツッコミをする芸人」などのランキングを出演者がディスカッションする様子が放送された。だが、その中に「日本の宝・大谷翔平のお嫁さんにしたい人」というテーマが含まれていたことに、筆者は違和感を覚えずにはいられなかった。

 番組中、進行をする陣内智則は「大きなお世話でしょうけども」と前置きをするも、「大谷翔平くんに“似合う”お嫁さんをみんなで話し合って決めようじゃないか」と議論を始めた。土田晃之は元ハンマー投げ選手である室伏広治の妹・室伏由佳の名前を挙げ、中居正広は「すげぇDNAだね」と興奮した様子を見せた。さらに、プロフィギュアスケーターの浅田真央や陸上選手の福島千里、ソフトボール選手の上野由岐子など女性トップアスリートの名前が飛び交い、“大谷選手のお嫁さん探し”は大いに盛り上がる。

 大谷選手が大スターであることは疑いようがないが、その結婚相手(正確に言えば、“子供を作って欲しい女性”ということなので、よりおぞましい)をテレビのネタにすることには、怒りを通り越して呆れるほどだった。さらに、大谷翔平選手の「DNA」を“使って”、日本の未来を担うトップアスリートを“作る”という全体主義めいた考え方は、ただ気持ち悪いのひと言に尽きる。もちろん、名前を挙げられた女性アスリートたち対するセクハラも懸念され、はなはだ時代錯誤な内容であった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。