エンタメ

星野源はなぜ「『紅白歌合戦』は性別関係なく、混合チームで行けばいい」と語ったか

【この記事のキーワード】
星野源はなぜ「『紅白歌合戦』は性別関係なく、混合チームで行けばいい」と語ったかの画像1

星野源オフィシャルサイトより

 昨年大晦日に放送された『第69回NHK紅白歌合戦』。21時以降の第2部平均視聴率は前年の39.4%から大きく上昇して41.5%を記録した。そんな好調だった今回の『紅白』の歌手別視聴率ランキングで、サザンオールスターズ(45.3%)、米津玄師(44.6%)に次ぐ数字を残したのが星野源(43.5%)である。星野源は4回目の出演ながらトリに近い23番目の歌唱で、5分近くある「アイデア」をフル尺で披露した。

 また、番組前半では特別番組『おげんさんといっしょ』(NHK)とのコラボコーナーも用意され、高畑充希、藤井隆、三浦大知およびバックバンドのメンバーと共にアコースティック楽器を中心にアレンジされた「SUN」を披露した。

 この『おげんさんといっしょ』コーナーで、星野から印象的な発言があった。

 『おげんさんといっしょ』は、星野源がお母さん、高畑充希がお父さん、藤井隆が娘と、出演者が現実の世界とは性別も年齢もバラバラなコスプレをするコンセプトの番組だが、サザエさん風の衣装とメイクの星野源に対し、「おげんさんって白組と紅組どっちなの?」という質問が投げかけられた際、彼はこのように答えたのだ。

<おげんさんは男でも女でもないから、どうしていこうかしら。だから、思ったのは、紅白もこれからね、紅組も白組も性別関係なく、混合チームで行けばいいと思うの>

 性別によってチームに分かれて戦う『紅白』のコンセプトを完全否定する発言にインターネット上はざわついたが、確かに星野の言う通り、「男」チーム、「女」チームをつくる考え方自体が、もはや現代の感覚から外れた価値観である。

星野源が「Family Song」で示した、新しい家族のあり方

 星野は以前からこのようなジェンダー感覚を表明してきた。

 2017年8月にリリースされた「Family Song」は、これからの時代における、新しい家族のあり方をテーマにした楽曲であった。

 「Family Song」は、タイトル通り普遍的な家族愛を歌った曲だが、歌詞をきちんと読むと、その「家族」がどのようなかたちなのかはいっさい書かれていないことに気づく。

 子どもがいるのかいないのか、おじいちゃん・おばあちゃんと同居しているのかいないのか、さらに、「夫婦」が男と女で構成されているのかも……、歌詞では家族の構成を記すような描写は一言も書かれていない。

 歌詞のなかで「Family」として定義されているのは、「人と人が寄り添って生きている」ということだけである。

 こういった表現の仕方は意図的なものであったようだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。