松本人志がNGT48問題でセカンドレイプ!! 『ワイドナショー』をBPOに訴える動き

【この記事のキーワード】

松本人志の発言をそのまま放送に乗せたフジテレビの責任

 今回問題となっている<お得意の身体を使ってなんかするとかさ>発言について考える際、もうひとつ指摘しなくてはならないのは、番組を制作するフジテレビ側の責任だ。

 『ワイドナショー』は時事問題を扱っており、報道番組の範疇に入る番組だが、生放送ではない。指原のツイートによれば、1月13日放送回の番組は、1月11日に収録されたもののようだ。

 『ワイドナショー』は「撮って出し」形式ではないので、スタッフによる編集作業を経て放送されている。それでもなお<お得意の身体を使ってなんかするとかさ>という発言が残されていたということは、性暴力被害のニュースを扱う文脈のなかでこのような発言がなされることの異常性に誰も気がつかなかったということを意味する。

 実際には問題視していたとしても、松本への配慮からカットすることができなかった可能性もあるが、どちらにせよ、そのような番組制作体制は問題だろう。

 『ワイドナショー』における松本の発言はしばしば炎上し、ネットニュースの定番ネタとなって久しいが、さすがに今回の一件は正常な倫理観の範疇を逸脱し過ぎている。今回の放送回についてはBPO(放送倫理・番組向上機構)の審議入りに値する案件なのではないかとの声も多くあり、インターネット上ではすでにBPOに対して呼びかけを行う動きも出ている。

 どれだけ問題視されても、修正されるどころか、どんどんひどくなっていく『ワイドナショー』。松本はもちろん、フジテレビの姿勢も問われている。

(倉野尾 実)

1 2 3

「松本人志がNGT48問題でセカンドレイプ!! 『ワイドナショー』をBPOに訴える動き」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。