エンタメ

NGT48山口真帆の暴行事件に「これがAKB48グループのやり方か」地元新潟が大激怒!

【この記事のキーワード】
NGT48山口真帆の暴行事件に「これがAKB48グループのやり方か」地元新潟が大激怒! 県知事、地方紙、地元企業も相次いで騒動に言及の画像1

NGT48『春はどこから来るのか?』(通常盤)

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の山口真帆が暴行被害に遭った事件が尾を引いている。運営側が説明責任を果たしていないことに、世間の批判が集中。街を挙げてNGT48を応援してきた地元、新潟も黙ってはいない。

 16日の会見で、新潟県の花角英世知事はNGT48をめぐる騒動に言及した。花角氏は、NGT48を「大切な新潟の観光の魅力のひとつ」としつつも、「騒動が県のイメージに影響しないよう祈りたい」「早く悪いイメージを払拭して活躍してほしい」と述べ、「早く事実関係が明らかになって、正常な状態に戻ってほしい」との見解を示した。

 アイドルグループの事件に県知事が言及することは異例だが、地域密着を掲げるNGT48は行政と積極的に連携してきた経緯がある。今秋にも、国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭のスペシャルサポーターとしてNGT48を起用していたが、花角知事は「事態の推移を見守りたい」と述べるに留めた。

NGT48山口真帆暴行事件、メンバーを「信じる」には説明が足りなすぎる! AKSの無意味な会見、「文春」も炎上で騒動拡大

 NGT48の山口真帆が暴行被害を告発した件について、14日、運営側が謝罪会見を開いた。グループの劇場支配人の交代劇で事なきを得ようとしたようだが、事件…

ウェジー 2019.01.15

 騒動の余波は、新潟県内の企業にも広まっている。15日、新潟市の水産加工会社「一正蒲鉾(いちまさかまぼこ)」は、NGT48メンバーを起用していたCMの放送中止を発表した。「この度はNGT48の当社CM放映につきまして、お客さまより大変貴重なご意見をいただいております」とコメントし、騒動の影響を伺わせている。NGT48のスポンサーにはほかにも地銀や食品メーカーなど多くの地元企業が名を連ねており、その判断にも注目が集まる。

地域に密着し、新潟で愛されてきたNGT48だからこそ……

 2015年に誕生したNGT48は、新潟市内に劇場を構えており、メジャーデビュー後も地元を拠点にして活動を続けてきた。発足当初から地元ローカル番組や企業CM、イベントなどのタイアップに抜擢されており、県内での認知度は抜群。新潟には、NGT48を応援する気勢が自然とつくられ、またその期待にNGT48が応えることで、地元は盛り上がる。NGT48は、まさに地域密着のアイドルグループだった。

 そんなNGT48にメンバーへの暴行事件が発覚し、内部メンバーの関与まで疑われている。そればかりか、運営の対応策が後手後手に回り糾弾されているという事態に、新潟県民の怒りは今、ピークに達している。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。