エンタメ

ドラマ『グッドワイフ』の弁護士は時代遅れ!? ハラスメント発言に疑問の声

【この記事のキーワード】
ドラマ『グッドワイフ』の弁護士は時代遅れ!? ハラスメント発言に疑問の声の画像1

『グッドワイフ』(TBS公式サイトより)

 常盤貴子の久々の民放主演連続ドラマ『グッドワイフ』(TBS系)は、アメリカの人気ドラマ「The Good Wife」を原作とした法廷劇。常盤演じる蓮見杏子が、16年のブランクを乗り越え弁護士として奮闘する物語だ。

 杏子の夫・壮一郎(唐沢寿明)は、東京地方検察庁の特捜部長として確固たる地位を築いていたが、しかし汚職疑惑と不倫の事実が同時に浮上し、警察に逮捕されてしまう。弁護士資格を持ちながら、息子を出産してから専業主婦生活を続けていた杏子は、家庭を守るため弁護士に復帰することを決意。司法修習生時代の同期・多田征大(小泉孝太郎)の経営する事務所で、新たな弁護士人生を始めることになる。

 事務所の共同経営者である神山佳恵(賀来千香子)は、年齢の割に弁護士としての経験が浅い杏子の採用に否定的。事務所内でも壮一郎のスキャンダルを知らない人はおらず、杏子と同時期に事務所にやってきた朝飛光太郎(北村匠海)からも嫌味が飛ぶ。杏子と光太郎は、あくまで仮採用として雇われたライバル。本採用に選ばれるのは、どちらか1人だけだ。

 多田は杏子の勘を取り戻させるため、自分が請け負った案件を手伝うように指示。依頼人となるのは、スーパーの駐車場で行方不明になった幼い少女の父親・浜口直樹(泉澤祐希)だ。行方不明事件はテレビでも大々的に取り上げられていたが、人気キャスターの日下部直哉(武田鉄矢)が自身のネット番組で「犯人は母親だ」と発言。母親は世間から疑惑の目を向けられ、苦悩の末に自殺した。

 娘と妻を失った浜口は、日下部を名誉棄損で訴えるため多田の事務所に依頼した。しかし日下部は、番組での発言には根拠があると主張し、自分を訴えるなら浜口のことも名誉棄損で訴えると強弁。日下部は杏子が壮一郎の妻であることに目をつけ、相手はスキャンダルにまみれた弁護士を採用するような事務所だとの批判も繰り出した。このままでは事務所の信用が危うくなると考え、杏子はこの案件から降りると申し出る。

 しかしそんな杏子に、神山は「私なら逆手に取る」とアドバイス。夫のスキャンダルに負けず、自分の家庭と弱者を守るために戦う姿をアピールしろと言い放つ。戸惑う杏子に対し、神山は「今のあなたに他に価値がある?」と一言。杏子は日下部の番組について調査を続け、報道のネタにしやすい自分の立場を利用して日下部を追い詰めた。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。