連載

「妻が結婚前に不倫」水に流せるか…ピエロ扱いされる夫の困惑

【この記事のキーワード】

Thinkstock/Photo by fizkes

 結婚した後に、その相手の過去の恋愛遍歴を知ってしまうと、大抵の人はうろたえるだろう。昔のことだと割り切ることもできるだろうが、そうできない人もいる。または、単純な恋愛ならば全く問題ないが、不倫となれば話は別だという考えもあるだろう。

 今回はそんな妻の過去を知ってしまい悩むトピ主からの相談を紹介したい。

妻の過去が受け入れられない

 トピ主(30代男性)には4つ年下の妻と子供が一人いる。職場恋愛で結婚に至り、妻は現在は退職している。この度、妻の元恋人が当時の上司であり、しかも不倫していたことが判明し困惑しているという。

 元上司と妻が同じ部署だったころ、妻は主に元上司の補助のような仕事をしていた。元上司は既婚だが、妻と不倫関係(おそらく2年程度は)にあったそうだ。その後、トピ主が妻と同じ部署に異動となり知り合い、数カ月後に交際をはじめ、さらに1年後に結婚した。

 結婚式の主賓は二人の上司だった妻の元不倫相手。結婚の報告は妻と二人で行い、主賓スピーチも依頼した。トピ主を除く同僚の多くは元上司と妻が不倫関係にあったことを知っていたという。もちろん披露宴にも何人もの同僚を招待している。

 何もかもさっぱり知らなかったのはトピ主だけという状況。このことをトピ主は先日の飲み会でふとした折に聞いてしまい、大いに困惑している。

「なぜ当時誰も言ってくれなかったのか、と聞きましたが、皆知っていて当時いろいろ話題にはなったけどお前も知っていると思ったから周りがあえて言うことじゃないと思った。面倒は困るし俺からはこれ以上言えないよと話を切り上げられ、それ以上聞けませんでした」

 それ以来、トピ主は妻とまともに話せなくなってしまった。

「なぜ妻は元上司と不倫していたことを黙って私と結婚したのか。
元上司を披露宴に呼ぶこともスピーチを依頼することも当然のことと思い私が提案したのですがそのような事情があるならなぜ反対しなかったのか。
事情を知ってる同僚が何人もいるのになぜ会社関係者を呼ぶ披露宴に反対しなかったのか。
そもそも私と付き合ったときは元上司と別れていたのか。
同僚たちが妻と元上司の関係を知っていて私を馬鹿にしたり哀れんだりしていたのかと思うと正直仕事に行くのもつらいです」

 家にも会社にも居場所がないと感じるトピ主。妻は異変を察し、トピ主の様子を心配しているが、トピ主は不信感でいっぱいになっている。

「心の中で何を考えているのでしょうか? もう無理かもしれません」

という相談だ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。