給与額はどうやって決まるのか?「給与の決め方」根本的な理屈

【この記事のキーワード】

給与が一人あたりの売上高を超えることはない

 給与決定のための一番原始的な理屈は、「従業員給与は一人あたりの売上高を超えることはない」ということです。つまり100人で10億円の売上高を出している会社なら、平均給与が1000万円を超えることはありません(人によって1000万の人がいたり、500万の人がいたりすることはある)。

 あなたが今から事業を始めようとしているとして、一人で600万円稼ぐのがやっとという事業なら、「1000万円くれないと行かない」と言う人は採用せず、別の人にしようと思いますよね。大企業や老舗企業であってもこの原則は変わりません。

給与額はどうやって決まるのか?「給与の決め方」根本的な理屈の画像1

 さらに詳しく言うと、一人あたりの「売上高-諸経費」を超えることもありません。たとえば、トルコから絨毯を仕入れてきて日本国内で売っている会社があったとしましょう。5人で1億5000万円の売上を出しています。このとき、一人あたりの売上高は3000万円です。しかし、絨毯の仕入れ代に1億円かかっているなら、給与は売上高(1億5000万円)-仕入れ代(1億円)=5000万円を5人で割った1000万円が上限になるということです。

 ただし、現実にはこの理屈に合わないことをしている企業もあります。急激に売上が下がった企業などではこれが起こります。売上は簡単に下がりますが、従業員の給与は簡単に下げられないからです。

 とはいえ、まずは「従業員給与は一人あたりの売上高を超えることはない」という大原則を理解すると、新年の目標が立てやすくなります。

給与額はどうやって決まるのか?「給与の決め方」根本的な理屈の画像2

自分の給与を高めるための基本戦術3パターン

 大原則を理解していただいたところで、次はあなたの給与を上げるための方法を考えます。一人で年間1000万円の売上を上げ、500万円の給与を得ているとします。

 あなたが今の企業に勤めたままで年収を今より増やしたいと思うなら、方法は大きく分けて以下の3つになります。

・自身の売上高を増やす
・自社の売上高を増やす
・管理職になる

 皆さんはどの方法で給与増を狙っていきますか? 具体的な方法については、次回ご紹介します。

1 2

「給与額はどうやって決まるのか?「給与の決め方」根本的な理屈」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。