社会

子連れ出勤を推奨する政府、「これならどこでもできる」に強い違和感

【この記事のキーワード】

Thinkstock/Photo by Tomwang112

 自由民主党衆議院議員で内閣府特命担当大臣の宮腰光寛少子化担当相が今月15日、政府として「子連れ出勤」を後押しすると表明した。

 宮越氏は15日、子連れ出勤を導入している授乳服メーカー・有限会社モーハウス(茨城県つくば市、光畑由佳社長)を視察。同社では現在、従業員47人中12人が子連れ出勤しているという。

 子連れ出勤の説明を受け、従業員との意見交換を行った宮越氏は「赤ちゃんの顔が幸せそう。乳幼児は母親と一緒にいることが何よりも大事ではないかと思う」と語り、さらに視察後には「新しい施設を整備する必要がなく、企業の規模にかかわらず取り組むことができる。想像以上に『これなら、どこでもできるのではないか』と実感した」「この取り組みをモデルとして、全国へ広めていければと思う」と語ったという。

 子育て中に限らず、個々の事情や状況や価値観に応じて、多様かつ柔軟なスタイルの働き方を認めること自体は、今、必要とされている。そういう意味では、「子連れ出勤」もひとつの選択肢ではある。保育園などの預け先が見つからない、仕事の時間帯が深夜または不規則、拘束時間が長いなど様々な理由で、「子連れ出勤」をしたい/するしかない、という状況は全国であるだろう。もちろんその場合の「子連れ出勤」対象者は母親ばかりでなく父親も同様だ。

 少子高齢化が加速し労働力人口が不足していく一方で、待機児童問題が深刻な日本にとって、柔軟な働き方を「受け入れない」という選択肢はあり得ない。少子化や労働力不足でなかったとしても、労働者の権利という観点から柔軟な働き方が認められてほしいが。

 ただ、宮腰氏は「母親といる赤ちゃんの顔は幸せそう」というが、これは三歳児神話や母性神話を強化する発言であり頷けない。保育士などプロの保育者が預かる場合であっても、赤ちゃんは不幸ではないのだから。

 そしてそれ以上に、「想像以上に『これなら、どこでもできるのではないか』と実感」したとの感想には強い違和感を表明したい。子連れで出来る仕事もあるだろうが、出来ない仕事もたくさんある。後者は職場環境を整えれば解決するという問題でもない。子供が傍にいる状況では集中してこなせない業務もあり、子連れ出勤を歓迎されたものの結果的に単純作業しかできずマミートラックにはまってしまう……という事態が容易に予想できてしまう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。