エンタメ

小室圭さん母の金銭トラブル「解決」コメントに元婚約者が即反論

【この記事のキーワード】
小室圭さん母の金銭トラブル「解決」コメントに元婚約者が即反論の画像1

『 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 』(毎日新聞出版)

 秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期になっている小室圭氏(27)。現在、弁護士資格の取得を目指してアメリカ・ニューヨークに留学中である。その小室氏が1月22日の朝、母佳代さん(52)と元婚約者の男性との金銭トラブルについて、代理弁護人を通じて各メディアにファックスを送り、コメントを発表した。今朝のニュースを見て、「どうして今さら?」という疑問を抱いた人も少なくないのではないだろうか。

 婚約内定ということで、2017年9月に揃って会見に臨まれていた眞子様と小室氏。お互いに顔を見合わせ微笑まれる様子は、閉塞感漂う日本で久しぶりの明るいニュースだとして大きな話題となったものだ。だが、その直後に噴出したのが、小室氏の母である佳代さんと元婚約者の間での金銭トラブルだった。この疑惑が騒がれ出したのは17年11月頃のことだったが、一年以上が経過してようやく、小室氏側から正式なコメントが出たことになる。

小室さん側と元婚約者の共通認識と相違点

 佳代さんの元婚約者だという60代後半の外資系商社マンA氏は、婚約会見以降、様々な媒体で「借金を返して欲しい」と訴えてきた。その内容はおおむね、こうだった。Aさんと佳代さんは2010年の10月に婚約。2012年9月にA氏が婚約解消を告げるまでの約2年間で、A氏が小室親子のために支払った金額は総額約440万円にのぼるという。最初に支払ったのは小室さんの大学の入学金約45万円。それ以降も大学の授業料や留学費用という名目で、2年の間に計約440万円を工面したとA氏はいくつかの週刊誌の取材で明言している。

 だが、次第に佳代さんから財布扱いを受けることに嫌気がさしたA氏は婚約を解消する。翌年の夏には、佳代さんに借金の返済を求める手紙を送ったという。佳代さんから返事が届いたのは同じ年の秋のことだった。そこには「お金は贈与だと認識している」ということで、返済の意思がないことが綴られていたそうで、「返すというか、もともと贈与だと認識しています」と小室氏からの文言もあったそうだ。佳代さんは手紙を書くにあたって「弁護士に相談した」とも綴っていたとのことである。

 以上のAさんの証言は、今回、小室氏が発表した文章の内容と一致する。小室氏は母とAさんの婚約中、Aさんのご厚意による支援を受けていたが、破局時に佳代さんが「婚約期間中に受けた支援については清算させていただきたい」と申し出るとAさんは「返してもらうつもりはなかった」と<明確>に説明、<支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題は解決済みである>と確認したとしている。しかし平成25年8月頃にAさんから支援の返済を求める手紙が届き、佳代さんは<専門家に相談してアドバイスを受けるとともに、元婚約者の方に直接お目にかかって、ご要望には応じかねることとその理由をお伝えしました>とある。

 要するに、その平成25年の時点で、佳代さんが弁護士に相談のうえで「返済の要望には応じられない」と返し、Aさんが納得してくれた……と小室家は認識していた。だがAさんが納得していないことが、週刊誌報道などで明らかになった。小室氏は<私も母も元婚約者の方からご支援を受けたことには今も感謝しておりますので、今後は元婚約者の方からご理解を得ることができるよう努めてまいりたいと思います>と結んでいる。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。