都立高校暴行動画で生徒へのネットリンチ過熱 「大人なめんな」の威圧では解決しない

【この記事のキーワード】

 読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏は、「『暴力』と言われれば、もう何も言えなくなっちゃう。そこで思考停止ですよ。しかしその背後に何があるのか。だって新聞見てると最初の報道は一方的でしょ。そこまで取材してないということ。そうするともうみんな、『暴力』『暴力はいけない』。そりゃそうでしょ。そうでしょうけど、しかしその背後に何があったのかきちんと報道しないと」と、マスメディアの姿勢にも苦言を呈していた。

 そして加藤浩次は、こういった問題が起きると、校長は記者会見で「暴力が絶対ダメだという大前提」で「暴力をふるった先生が悪い」としか言えず、「どんどんどんどん短絡的に、一個の側面しか見えない報道になっていく流れがある」と危惧。「やっぱり生徒も裁かれるべきでしょ。僕は思う、正直言うと。生徒もやっぱりハメれるんだもん、先生を」「『ほら、やってやったよ、あの先生。処分を下さしてやったよ、俺が』って生徒がもし言ってるんだったら『大人なめんな』って話ですよ」と語気を強めた。

 確かに拡散中の動画を見る限り、生徒たちの態度は大人に恐怖を感じさせるものだった。しかし生徒が挑発してきたとしても、教員がその挑発に乗り、生徒に暴力をふるってはならない。ここで気になってくるのが、学校側の体制である。

 リポーターの阿部祐二が学校関係者に行った取材によれば、暴行を受けた生徒らのグループは、他の教師に対しても授業を妨害するなどの問題行動があったという。事実ならば、学校側は問題行動を起こす生徒への指導について、教員個人の裁量に任せるのではなく、適切な指導方法や情報の共有を行い、組織的に対応する必要があっただろう。そのような体制を取るのに充分な人員が配置されていたかは疑問だ。

 Twitter上では動画が拡散されると同時に、『スッキリ!』出演陣たち同様、教員に同情的で被害生徒らに批判的な意見が噴出している。被害生徒への誹謗中傷もあり、アカウント特定も始まっている。今回暴行を受けた生徒やその仲間が、教員を嵌めようとして、わざと挑発的な言動を取り、教員を怒らせ、動画を撮影・投稿していたとしても、それをネットリンチにかけることで生徒は改心するのだろうか。必要なのは、そういった問題行動を起こす生徒たちに教員がどう指導するか議論されることだろう。少なくともひとりの教員が個人の裁量で指導にあたるのは負担が大き過ぎると考えられる。マスメディアで“大人”が「大人なめんな」と威圧したところで何も解決しない。

1 2

「都立高校暴行動画で生徒へのネットリンチ過熱 「大人なめんな」の威圧では解決しない」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。