社会

藤田ニコルが韓国旅行でバッシング! 理性的なのは政治家よりK-POPファンの若者だ

【この記事のキーワード】
【完成】藤田ニコルが韓国旅行でバッシング! 理性的なのは政治家より若者だの画像1

藤田ニコルインスタグラムアカウントより

 「徴用工」問題や、レーダー照射問題など、複数の政治問題が重なり、日韓関係は現在「過去最悪」とも言われている。そんななか、1月20日放送『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、藤田ニコルが日本国内に渦巻く「嫌韓」の深刻さがよく分かるコメントをした。

 この日の『サンデー・ジャポン』では、文筆家の古谷経衡氏をゲストに迎え、ここ最近における日韓関係の悪化の話題を扱っていたのだが、そのなかで藤田ニコルはこのように語った。

<私がたとえば韓国旅行に行ったりだとか、K-POPの音楽を聴いているだけで、一部の人からけっこう言われたりします。(『行ってんじゃねえよ』とか)そういう言葉を一部の方から、ツイッターとかインスタグラムとかで来るので、『あ……、こういう感じなんだなぁ……』って>

 確かに、藤田ニコルのツイッターを確認すると、そういったリプライは継続的に寄せられている。

 2016年11月に<韓国に買い物行きたい欲が止まらない もう1人にこるんいたらなぁ…>とつぶやいた際には<よく反日の国に行けるな>とのリプライが飛び、2017年9月に韓国の人気女性アイドルグループ・BLACKPINKのメンバーと一緒に写真を撮った際も<散々反日してる国に金だけ持ってかれてる日本>などという皮肉めいたリプライが寄せられていた。

 こうした傾向は、BTSの原爆Tシャツ騒動や「徴用工」問題が起きた昨年秋から激化している。

 藤田ニコルは、2018年12月24日放送『有吉ゼミ』(日本テレビ)の特番で、平野ノラとともに「韓国3日間17800円激安ツアー」に参加する企画に出演しているが、その番組に関するツイートには、<今、韓国なんか行っちゃっただめでしょ><もうすぐ行けなくなる国 行かなくて良い国になります!><お前テレビ出んなよ 見ないが ガキに悪影響。お前みたいなアホがいるとガキが真似すんじゃん アホは黙ってろよ><悪いことは言わない。早く帰っておいで。韓国なんて人の行く所ではない>といったグロテスクなヘイトを撒き散らす文章が散見される。

自民党議員が韓国を「常軌を逸した国」と呼ぶ異常な状況

 両国の政治において問題が起きているのは確かだが、それによって民間レベルの交流が制限されるようなことはあってはならないし、ましてや、韓国の人々を愚弄するようなヘイトが撒き散らされるような状況は、非常に問題だ。

 政治的にうまくいっていない時だからこそ、市井の人々が草の根の動きで、両国の親善を深める活動が重要性を帯びる。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。