エンタメ

hitomiの「嫌いな女」実演に総叩き 女が嫌いなタイプの女を羅列する番組で煽られる女性不信

【この記事のキーワード】
【完成】hitomiの「嫌いな女」実演に総バッシング 女が嫌いなタイプの女を羅列する番組で煽られる女性不信の画像1

hitomi公式ブログより

 今月21日に『女が女に怒る夜2019愚痴始めSP』(日本テレビ系)が放送され、「12人の怒れる女たち」として、いとうあさこ、大久保佳代子、若槻千夏、MEGUMI、田中みな実、横澤夏子、アヤカ・ウィルソンアレクサンドラ、浜口順子、中村静香、hitomi、ファーストサマーウイカが登場した。

 『女が女に怒る夜』は、<女性の女性による女性のためのストレス発散バラエティ><女性が女性に感じている不平不満を吐きまくる番組>として、2017年より不定期に放送されており、今回で4回目。「怒れる女」としてゲストに招かれた女性芸能人が代わる代わる自分の「嫌いな女」を一刀両断していくさまが売りとなっている。

 放送と同時進行でSNSや掲示板に視聴者が感想を書き込むことは現代の習わしともいえるが、『女が女に怒る夜』も放送中から多くの反響があった。「よくぞ言ってくれた!」との賞賛もあれば、出演者へのバッシングもある。今回の放送だと、田中みな実に対しては「可愛い」というコメントが多いが、一方でhitomiに対しては「怖い」「リアル嫌な女」「肌汚い」「友達になりたくない」など散々なコメントが目立った。「娘さんへの態度が許せない」「ネグレクト女」など、2015年放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)でhitomiが長女に対して冷たかったとして炎上したことを、蒸し返すコメントもあった。

 ちなみに、hitomiが「嫌いな女」として挙げたのは、「人の彼氏に巻きつく女」「平気な顔で裏切る女」。hitomiはかつて、付き合っていた彼氏に「尊敬する女性の先輩がいて会わせたい」と言われ、ホームパーティーに行ったところ、その女性に若干嫌な顔をされ、彼氏について「大変だね~モテるからさ~」と言われ、帰り際には女性がhitomiの彼氏に「巻きついていた」つまり体を密着させていたそうだ。

 また、hitomiは「結構、女性不信がある」とも語り、昔バイト先で好きな人がいた時、1つ上の先輩(女性)は親身に相談に乗ってくれていたのにも関わらず、ある日彼の家に行くと、その先輩のマフラーがあったとのことで、当時を思い出したのか「ざけんなよ!」と息巻いてみせた。

 田中みな実の「嫌いな女」は、「妹系の女」「モテないんですと言う女」。「妹系の女」は、友達の彼氏や夫に「妹分だから」と近寄って、「ちょっと特別な存在だから、2人でごはん言ってもOKみたいな」「<私のこと妹にしか見てないじゃん>とか、彼氏や旦那さんの前で言う」とのこと。また、「モテないんですと言う女」については、「20代でモテたいと思っている子はまだいいんですけど、30代でモテたい女は薄っぺらいと思う」「育む愛の方が大事」と持論を展開していた。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。