エンタメ

動画アプリ「17 Live」のCMはいじめのレクチャー?「本人がいないところで集団で笑いものにするって…」

【この記事のキーワード】

17 Live(イチナナ)公式Twitterより

 YouTubeからTikTokまで多種多様な動画配信サービスがしのぎを削るなか、ライブ配信アプリ「17 Live」が昨年末からTVCMを放送している。しかし徐々に波紋が広がっている。

 「17 Live」CMに登場するのはNON STYLEの井上裕介と石田明、そして泉里香の3人。それぞれ本人役と思われる形で出演しており、井上のライブ配信を石田と泉が視聴しているという設定だ。

 石田たちは楽屋のような場所で7名ほどのスタッフと配信を視聴中。「キス顔して」とコメントを打ち込むと、石田からのコメントだとは思わない井上が「愛してるよ」と言いながらキスを披露する。これに全員で爆笑したあと、石田はさらに「シャワー浴びて」とコメント。泉が「ちょっとさすがに……」と心配するも、井上は「一緒に入らない?」と囁きながら着衣のままシャワーを浴びてくれた。

 この光景に、心配していたはずの泉も「ええ~!」と甲高い声を出してドン引き。スタッフ全員で改めて大爆笑するというストーリーになっている。

 当然これは井上の“ナルシストキャラ”を踏まえての演出だろう。本人も公式サイトで「笑ってよ~」とコメントしている。撮影現場は和気あいあいとしていたようだ。

 しかし、あくまでも井上のキャラありきで成立しているだけであり、一部視聴者からは「ただのいじめにしか見えない」「本人がいないところで集団で笑いものにするって、やっちゃいけないアプリの使い方でしょ」と批判の声も上がっている。本来ならサービス側が否定すべき使用方法を宣伝してしまっており、「画面の向こうで笑いものになってるかも、って思ったら使いたくないよね」「“いじめのためにはこう使いましょう”って教えてるだけだよね」と的確な苦言を呈するネットユーザーもいる。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。