エンタメ

小室圭さん「借金」返済の必要はないハズでは?

【この記事のキーワード】
【完成】小室圭さんに「借金」返済の必要はあるのか 「解決済み」とする根拠はの画像1

『 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 』(毎日新聞出版)

 秋篠宮眞子さまとの結婚問題で渦中の小室圭さんが、盛んに報じられてきた金銭トラブルについて22日、ようやくコメントを提示した。それはこれまでの週刊誌報道とほぼ相違ない内容で、母の元婚約者A氏からの学費援助などは「借金」ではなくあくまで「贈与」であり、小室家側は「解決済み」との認識だと表明するものだった。

 小室さんの母・佳代さんとA氏が婚約していたのは2010年~2012年。12年9月にA氏が婚約解消を申し入れ、破局したという。小室さんの文書では、別れに際して佳代さんが「金銭的支援を清算させていただきたい」と伝えるも、A氏は「返してもらうつもりはなかった」と固辞したとある。だが翌年8月にA氏から「支援したお金を返済してほしい」との手紙が届き、佳代さんは専門家に相談し、「要望には応じかねる」と回答。それ以降はA氏から返済要求がなく、小室家は「解決済みの事柄である」と認識していたそうだ。

 しかしA氏は即座に反論。「清算の申し出などなかった」と激昂している様子だ。A氏いわく、「佳代さんは、返せたとしても月々1万円程度と言った」そうだが、そのペースでは完済まで長くかかってしまうことから、A氏は返済金額を検討するよう伝えたという。となると、このやりとりをもって小室さんは母とA氏の間に「清算させていただきたい→返してもらうつもりはなかった」との会話があったと捉えているのだろうか。これが「解決済み」という認識の根拠となっている可能性もある。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。