エンタメ

SMAPにも愛された名物喫茶店「今昔庵」が閉店!? 不穏な立ち退きトラブルにレイザーラモンRGら芸能人が続々反応

【この記事のキーワード】
SMAPにも愛された名物喫茶店「今昔庵」が閉店!? 不穏な立ち退きトラブルにレイザーラモンRGら芸能人が続々反応の画像1

左は「今昔庵」の名物マスター福田さん。(レイザーラモンRG公式Twitterより)

 SMAPをはじめ、多くの芸能人に愛されてきたスタジオ内の名物喫茶店「今昔庵」が急遽、閉店するという。レイザーラモンRGをはじめとする芸能人や一般ファンも反応しているが、どうやら「今昔庵」は穏やかならぬ立ち退きトラブルに見舞われているようだ。ネット上では、「今昔庵」の存続を求める署名活動も始まっている。

 「今昔庵」とは、世田谷区祖師ヶ谷大蔵のテレビスタジオ「東京メディアシティ(TMC)」内にある喫茶店。芸能人や関係者であれば誰もが知る有名店のため、バラエティ番組で言及されることもしばしばで、一般客にも知名度と人気がある名物店だ。とくにSMAP解散後は、メンバーがいきつけにしていたという「今昔庵」は、聖地のひとつとなっている。

 「今昔庵」のマスター福田起弘さんは、その独特なビジュアルやキャラで愛され、メディアにもたびたび登場してきた。レイザーラモンRGのモノマネで、その存在を知った視聴者も多いのではないだろうか。

 その「今昔庵」が、2月8日に閉店するという――しかし、店先に出された張り紙には、「今昔庵」オーナーの井上博之さんの署名によって、穏やかならぬ閉店の経緯が記されていた。

<国際放映株式会社による強制執行の申し立てにより、閉店の運びとなりました。皆様にご理解して頂くために、これまでの経緯をご説明いたします。>

<昨年まで国際放映株式会社と裁判で争ってました。国際放映株式階差は今昔庵の前オーナーから現オーナーに引継経営を一旦許諾したにもかかわらず、突然立ち退きを要求してきました。>

 ここに記された経緯によると、「今昔庵」と、TMCを所有する国際放映株式会社は立ち退きをめぐって訴訟に発展。今昔庵側が敗訴したが、両者の弁護士が師弟関係にあり、訴訟内容を切り替えられて不利になったことが敗訴の原因だとしている。

<このままでは事実が闇に葬られたまま閉店となるので、近日中にマスコミ各位の強力のもと発表し、詳細をお知らせすることになりました。>

 なにやら、ただ事ではなさそうだ。

 「今昔庵」がトラブルに巻き込まれて閉店することは、業界ではすでに話題となっている。芸人のレイザーラモンRGは22日にツイートし、<今昔庵がなくなるだって!?あそこは有形文化財ですよ!なんとかならんのかな…><最悪、吉本本社内で再開してもらおう…>といち早く反応。その後、品川祐やあばれる君も次々とリプライを飛ばし、驚きと悲しみを表明している。しずるの村上純に至っては、<今昔庵て、喩えとかではなくてTMCの大黒柱ですよね?なくなったら、あの建物全体が崩れ落ちますよ?><全力でクラウドファンディングに乗れる案件!>と息巻いていた。

 「今昔庵」の閉店に関しては、一般人からも多くの反応が寄せられている。<行ったことのない一般人にも愛されたお店だから、なくならないでほしい><乃木坂46のバラエティ番組でよく話題に上がるから知ってたけど、この紙を読んだ限りの理由じゃ納得はできないよなぁ…>などのツイートが相次いでいる。

 署名サイトchange.org上では、「今昔庵」の存続を国際放映株式会社に求める活動が、すでに発足している。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。