大坂なおみを白人にした日清CM~ブラックフェイス  vs. ホワイトウォッシュ

文=堂本かおる
【この記事のキーワード】

ブラックフェイス

 ハイチ人の父親と日本人の母親を持ち、ニューヨークのハイチ系の家庭で育ちった大阪選手は複数のアイデンティティと文化を併せ持つが、アメリカの“世間一般”にとっては黒人だ。外観から黒人とカテゴライズされるのである。アメリカには大坂選手と同様に複雑な背景を持つ人がたくさんいる。例えば、2020大統領選に立候補しているカマラ・ハリス上院議員はインド移民の母親とジャマイカ移民の父親を持つが、「黒人女性候補」と称される。オバマ前大統領は白人と黒人のミックスだが、「米国史場初の黒人大統領」だ。

 この現象はアメリカの黒人差別の根深さを物語っている。3人とも本来は自分のアイデンティティを自分で定める権利を持ち、もし彼らが自分を「白人」、もしくは「アジア人」と思うなら、そう主張できて然るべきべきだ。だが、アメリカという国はそれを許さない。黒人と他の人種のミックスたちは黒人として生きていかざるを得ないのだ。

 同時に黒人たちは黒人としての強いアイデンティティとプライドを持っている。ところが、アメリカは黒人を黒人の枠に押し込めながら、黒人たちがアイデンティティとプライドを持つことすら許そうとしなかった。黒人たちはステレオタイプ化された黒人像に苦しめられた。昔、真っ黒に塗られた肌、真っ赤な分厚い唇、大きく真っ白な白目、過剰にチリチリな髪を持つ黒人の絵が描かれた。そうしたメイクを施し、黒人を演じて人気者となった白人の俳優たちもいた。これが「ブラック・フェイス」だ。

 この歴史があるからこそ、現代アメリカでは白人が黒塗りをすることは絶対的なタブーとなっている。これが日本にはなかなか伝わらず、ももいろクローバーZとラッツ&スターの黒塗り事件も起こった。「差別ではなく、黒人へのリスペクトでやってる」は一切通じないことが理解されないのだ。2017年の大晦日にはダウンタウンの浜田雅功が黒塗りをしたことも記憶に新しい。

私が「黒人の人形」を作るわけ。そして浜ちゃんの黒塗りについて

 新年早々、ダウンタウン浜田雅功の黒塗り(ブラックフェイス)問題が大揉めに揉めている。大晦日恒例の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ…

大坂なおみを白人にした日清CM~ブラックフェイス  vs. ホワイトウォッシュの画像1
大坂なおみを白人にした日清CM~ブラックフェイス  vs. ホワイトウォッシュの画像2 ウェジー 2018.01.11

1 2 3 4

「大坂なおみを白人にした日清CM~ブラックフェイス  vs. ホワイトウォッシュ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。