エンタメ

木村拓哉を中居正広がいじめ続けていた?「拓哉が仕事行きたくないって」工藤静香が介入

【この記事のキーワード】
【完成】木村拓哉を中居正広がいじめ続けていた? 「拓哉が仕事行きたくないって」工藤静香が介入の画像1

中居正広と木村拓哉

 2019年1月31日号の「週刊文春」(文藝春秋)は、元SMAPの中居正広と木村拓哉の長年の“不仲説”の詳細を報じている。これがSMAP解散騒動の渦中には出なかった話で、なぜ今さらになって書きたてられるのかまったく不思議なのだが、不仲状態は解散説が持ち上がる以前から長く続いており、2013~14年頃には特に深刻だったとしているのだ。

 「週刊文春」は、今月16日の「デイリー新潮」が中居の冠番組である『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日)と『ナカイの窓』(日本テレビ)が打ち切りになるという報道をうけ、中居がジャニーズ事務所を退所し、“独立”するのではと憶測している。そのなかで、中居と木村の不仲説についても言及している。

工藤静香が「拓哉が行きたくないって言っているんだけど」

 中居正広と木村拓哉の不仲説は前々から噂されていたものだが、あくまで噂であり、「仲良しこよしではないけれど、信頼関係が出来ている」と見る向きもファンの間では根強い。ただ、SMAP解散後もジャニーズ事務所に残った二人だが、解散以降の共演は一度もない。

 「週刊文春」によると、中居と木村はSMAP結成から常にライバル関係であり仲が悪かったという。また、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)では、MCとしてトークを進行する中居が木村のトークを故意に遮るなど、もはやイジメであったと元番組スタッフが証言している。

 そんな状況に嫌気がさした木村が収録ボイコットを画策したのか、木村の妻である工藤静香がSMAPのマネージャーであった飯島氏に「拓哉が行きたくないって言ってるんだけど」と電話をかけたこともあったという。なお、飯島氏は「いいから黙って連れてきなさい」と静香を一喝したそうだ。

 しかし、このエピソードは今から5~6年前のことだといい、40歳を過ぎている大の大人が「仕事に行きたくないから」と妻に電話をかけさせるとは、にわかに信じがたいのだが……。いくらなんでも、そこまで幼稚な振る舞いをするものだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。