連載

米倉涼子が黒木華を「妖艶な凄腕」と賞賛! 「私、やっぱり悪女の方がいい」と意気込む理由とは?

【この記事のキーワード】
米倉涼子が黒木華を「妖艶な凄腕」と賞賛! 「私、やっぱり悪女の方がいい」と意気込む理由とは?の画像1

『松本清張ドラマスペシャル「疑惑」』公式webページより

 テレ朝で視聴率女王の座に君臨する米倉涼子さんが、2月3日に同局で放送される主演ドラマ『松本清張ドラマスペシャル「疑惑」』で演じるのは、またも弁護士役。夫殺しの嫌疑をかけられた稀代の悪女(黒木華さん)を弁護するのですが、いつもの彼女とはかなり違った役柄だそうで……。

 強気で策士の「失敗しない」仕事人を演じまくってきた米倉涼子さんですが、私生活では弱気で涙もろいことでもお馴染み。そんな彼女がアツコに見せた喜怒哀楽とは?

__

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 2月3日に放送される『松本清張ドラマスペシャル「疑惑」』。主演はもちろん米倉涼子さん。正式タイトルは『テレビ朝日開局60周年記念ドラマスペシャル』なる大々的な冠が付いていて、テレ朝と米倉さんの強い絆を改めて感じさせるわよね。

 今まで松本清張作品で様々な悪女を演じてきた彼女だから、次はどんな女性を演じてくれるのかしらと思っていたら、何と「稀代の悪女に振り回される弁護士役」に挑戦すると言うので、ちょっと面白そうだから取材に行ってみたの。

 撮影自体は昨年の夏前に行われていて、米倉さんは新しい主演ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)の放送を控えた忙しい身だったの。翔子は弁護士資格を剥奪された元女性弁護士で「だって私、弁護士資格ないんだもん」だったけど、『疑惑』で演じる卓子(たかこ)は正真正銘の弁護士。米倉さんは「偶然にも弁護士に関係するドラマが続いて」って言ってたわ。

 でも卓子も、正義感は強いものの普通の弁護士とは言えず、「勝つためには手段を選ばずどんな手も使う最低の弁護士」と評されるお騒がせな人物。そんな彼女が保険金目当てで夫を殺害したのではないか?  との疑惑を持たれる球磨子の弁護をする事になって、めちゃくちゃに振り回されちゃうわけ。

 球磨子を演じるのは「日本一割烹着が似合う女優」と言われる黒木華ちゃん。あのピュアで純朴そうな華ちゃんが、エキセントリックで発言が二転三転する掴み所のない激しい女・球磨子を見事に演じ切っていて、もうその迫力たるや。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。