エンタメ

『グッドワイフ』に恋愛要素は絡む? 常盤貴子と小泉孝太郎の微妙な関係

【この記事のキーワード】

TBS『グッドワイフ』公式サイトより

 1月27日、ドラマ『グッドワイフ』(TBS系)の第3話が放送される。常盤貴子演じる弁護士・蓮見杏子は、夫・壮一郎(唐沢寿明)の逮捕を機に法廷へ復帰した元専業主婦。仮採用された事務所では、年下のライバル・朝飛光太郎(北村匠海)と本採用をかけて競うことになった。

 第2話では、神山多田法律事務所の名誉顧問弁護士・神山大輔(橋爪功)が突然事務所を訪ねてきた。大輔は事務所の代表・佳恵(賀来千香子)の父であり、多くの功績を残してきたベテラン弁護士だ。しかし今回大輔が現れたのは、自分の弁護を依頼するため。大輔は車を運転中に物損事故を起こし、飲酒運転と公務執行妨害の容疑で起訴されているというのだ。

 器物損壊罪だけは言い逃れ出来ない事実だが、大輔は飲酒運転と公務執行妨害を頑なに否定。「依頼人が白と言えば、白で弁護するのが弁護士だろ」と無罪を主張し、何故か経験の浅い杏子を担当弁護士に指名する。杏子はあいまいな証言を繰り返す大輔に翻弄されつつも、多田(小泉孝太郎)の助けを借りながら裁判に向けて準備。争点を飲酒運転に絞って無罪を立証することに。

 裁判の直前、杏子と多田の前に現れたのは検察庁特別捜査部長の脇坂博道(吉田鋼太郎)。脇坂は汚職疑惑で逮捕された壮一郎の後任だと自己紹介し、汚職について杏子に探りを入れてくる。しかし杏子は何も答えず、多田も「詳しく聞きたいなら正式な手続きを取ってください」と抗議。また、脇坂は壮一郎をライバル視しており、まるで杏子と多田が男女の仲であるかのように発言して壮一郎を煽るなど、強引な聴取も行う。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。