中居正広は木村拓哉への土下座を要求された? SMAP解散の裏側、なぜ今さら

【この記事のキーワード】

中居と木村の独立説が再浮上

 複雑な経緯を経てジャニーズ事務所を退社し、CULENおよび「新しい地図」を立ち上げた香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛、マネージャーの飯島氏だが、芸能界で孤立無援になったわけではない。

 2017年11月、3人は『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)という特大企画で復活。市川海老蔵や爆笑問題などのゲストが続々と登場したのだが、そのなかに堺正章の姿もあった。堺は3人に対し、「これ以上仲違いはやめてくれよ。この3人は仲良くしてくれよ」などと発言しており、どうして堺がゲストとして呼ばれ、そのような踏み込んだ発言をしたのか疑問を持つ視聴者は多かった。

 だが堺は田辺エージェンシー所属であり、田邊氏の次に権力を持っていると言われるほどの人物。堺が3人と共演することで、「新しい地図」の後ろには、田辺エージェンシーが付いているということをアピールする目的があったと見られている。

 さて、現在もジャニーズ事務所に所属している中居正広と木村拓哉だが、共に独立説が浮上している。中居は冠番組2つが打ち切りになるという報道から「退所の支度では」と予想され、木村はテレビ番組の手相占いで、ジャニーズ事務所の契約更新意思の確認をすると言われている6月に“新たなスタートがある”と予想され、動揺した姿を見せたことからだ。

 また、中居と木村の独立が本当だとすれば、“芸能界のドン”たちはどのような動きを見せるのだろうか。

1 2

「中居正広は木村拓哉への土下座を要求された? SMAP解散の裏側、なぜ今さら」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。